台湾新竹市にある世界最大の半導体ファウンドリー台湾積体電路製造(TSMC)の社屋(SAM YEH/AFP via Getty Images))

ソニー熊本新工場、用地確保進む TSMCと共同開発か

ソニーグループが熊本県に構える新工場の建設に向けて、用地取得を進めていることが取材で明らかになった。新工場を巡っては、最大手の半導体生産受託企業である台湾積体電路製造TSMC)との共同開発も報じられている。

熊本県の新工場は菊陽町での建設が予定されている。関係者への取材から、ソニーグループが今年6月頃、同社の熊本テクノロジーセンターに隣接する面積約21万平米の土地を拡張用地とする申し出があったことが明らかになった。

熊本テクノロジーセンターでは主に画像センサーが生産されており、新工場も同様の製品を製造すると目されている。

大紀元はソニーグループとTSMCの広報担当に取材を行ったが、コメントは得られなかった。

コロナ禍の需要増で世界的な半導体不足が起きている。近年の米中対立によるグローバルサプライチェーンの途絶リスクも高まり、日本は半導体の供給確保に心血を注いでいる。経済産業省は6月「半導体・デジタル産業戦略」をとりまとめた。TSMCの誘致を行い、半導体技術の共同開発と生産能力の確保を掲げた。

 (王文亮)