米ホワイトハウスのサキ報道官は22日、バイデン大統領の台湾に関する発言について、米国の台湾政策の変更を示唆していないと改めて釈明した。9月撮影(2021年 ロイター/Jonathan Ernst)

米国の台湾政策に「変更なし」、ホワイトハウス報道官が再釈明

[ワシントン 22日 ロイター] - 米ホワイトハウスのサキ報道官は22日、バイデン大統領の台湾に関する発言について、米国の台湾政策の変更を示唆していないと改めて釈明した。

バイデン大統領は21日に行われたCNNのタウンホールで、台湾が中国による攻撃を受けた場合に米国が台湾を防衛するかという質問に対し、米国は台湾防衛にコミットしていると応じた。ホワイトハウスは、台湾を巡る政策に変更はないと説明した。

米国は法律で台湾に自衛手段を提供することが義務付けられているが、中国の台湾侵攻への対応を明確にしない「戦略的曖昧さ」と呼ばれる政策を長らく取っている。

サキ報道官は「われわれの政策に変更はない。大統領は政策の変更を伝える意図はなく、政策の変更も決定していない」と強調した。