米中央情報局(CIA)のバーンズ長官がバイデン大統領の要請を受け、2日から2日間の日程でモスクワを訪れていることが分かった。4月撮影(2021年 ロイター/Saul Loeb)

米CIA長官がモスクワ訪問、パトルシェフ安全保障会議書記と会談

[モスクワ 2日 ロイター] - 米中央情報局(CIA)のバーンズ長官がバイデン大統領の要請を受け、2日から2日間の日程でモスクワを訪れていることが、米大使館報道官の話で分かった。

バーンズ長官は代表団を率いており、二国間関係の多様な案件について、ロシア政府当局者と協議するとしている。

バーンズ氏はロシア大使を務めた経験があり、ロシア語に堪能。ロシア連邦安全保障会議によると、バーンズ長官はパトルシェフ連邦安全保障会議書記と会談した。

会談の内容は明らかになっていないが、米ロ間では安全保障が大きな課題になっている。