磯崎仁彦官房副長官は8日午前の定例会見で、岸田文雄首相が新設する人権問題担当首相補佐官に中谷元・元防衛相を任命する方向で調整していることを明らかにした。写真は岸田文雄首相との面会後、記者団の質問に答える自民党の中谷元防衛相。11月8日、東京で撮影(2021年 時事通信)

人権問題担当首相補佐官、中谷元氏で調整=磯崎官房副長官

[東京 8日 ロイター] - 磯崎仁彦官房副長官は8日午前の定例会見で、岸田文雄首相が新設する人権問題担当首相補佐官に中谷元・元防衛相を任命する方向で調整していることを明らかにした。

中国共産党が8日から第19期中央委員会第6回総会(6中全会)を開催し、党の歴史を総括する「歴史決議」を審議する見通しだが、他国の政党活動についてはコメントしないとしつつ、「中国の内政上の動きは注視している」と述べた。

政府が新型コロナウイルス感染第6波対策として、無症状者のPCR検査と抗原検査を無料で実施するとの報道に関し、磯崎氏は10月15日に示されたコロナ対策の骨格に言及、「予約不要の無料検査の拡大をはじめ、簡易でだれもが利用できる検査の環境整備、今後感染力が2倍となった場合でも対応できる保健・医療提供体制の構築の具体的方針について全体像を明らかにするとされている」と指摘した。

全体像については「11月前半に示すよう検討を進める」という。