ペイリン元米共和副大統領候補、コロナ検査で陽性反応

2022/01/25
更新: 2022/01/25

[ニューヨーク 24日 ロイター] – 2008年米大統領選で共和党の副大統領候補だったサラ・ペイリン元アラスカ州知事が新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たことが分かった。24日にはペイリン氏が名誉毀損で米ニューヨーク・タイムズを訴えた裁判が開始される予定だった。

マンハッタンの連邦地裁判事が発表した。判事によると、ペイリン氏はワクチンを接種していなかった。陽性反応は信頼性が低い自宅での検査によるもので、24日午前に再検査を受け、陪審選任手続きを24日中に始めるか、休廷するかが決定されるという。

その後、再検査でも陽性反応が出たことで、地裁判事は名誉毀損に関する裁判を2月3日に延期した。

Reuters
Reuters
関連特集: 国際