北京五輪、人工雪が大半…ロケット弾打ち込みで気象への影響懸念

2022/01/26
更新: 2022/01/26
コメント

来月4日に開幕される北京冬季オリンピックに向けて、五輪競技会場がある河北省張家口市の気象局は24日、上空にロケット弾を発射して人工雪を作り出した。

降雨を促すヨウ化銀を詰めたロケット弾55発を雲に打ち込んだところ、1センチほどの積雪を観測したという。米紙ワシントン・ポスト24日付によると、中国当局は北京冬季オリンピックに向けてこの3か月間で約250発を発射。雲を作るための航空機12機を大会会場周辺の空港に待機させているという。

人工雪は過去の冬季五輪でも珍しくない。スポーツ・イラストレーテッド紙によるとソチ大会では8割、平昌大会でも9割が人工雪を使用したが北京大会では大半が人工雪になると予想している。中国当局は複数の貯水池からポンプで吸い上げた水をミスト化して、専用機器を使い24時間会場に降らせるという。

中国共産党は面子に関わる大型行事にあわせて、気象を操作することで知られる。清華大学の研究によると昨年6月、中国共産党結党百周年の集会の前に北京で人工雨を降らせ、大気の汚染度を軽減させた。大会期間中には雲を消して「青空」を作った。

2008年の北京夏季五輪大会期間中には、雨雲を消すロケット弾を1104発も発射したと新華社は報じている。

ワシントン・ポストは、人工降雨が中国の14億人および近隣のミャンマー、インド、ネパールの気象に影響を与えうるとして、国家主権と世界的責任をめぐり環境倫理学的な問題を引き起こす可能性があると懸念を示した。同紙は「端的に言えば、果たしてある国に天候を作る権利があるのだろうか」と疑問を呈した。

北京とスキーやスノーボードの競技会場となる張家口の近隣の山間部には雪が少ない。専門家によると雪を作るために4900万ガロン(約1億8500万リットル)の水が使われると推定され、北京のみならず広範にわたり水資源に影響をおよぼすとされている。

蘇文悦
蘇文悦