中国ケーブル最大手、ZTEのイラン取引で仲介役の疑い=米商務省

2022/08/10
更新: 2022/08/10
コメント

[ワシントン 9日 ロイター] – 米商務省は9日、中国ケーブルメーカー最大手ファー・イースト・ケーブルが、イランへの通信機器供給に関する米国の輸出規制に違反した疑いがあると非難した。

商務省によると、ファー・イースト・ケーブルは2013年、中国通信機器大手の中興通訊(ZTE)から通信機器を購入する契約を締結。その後14年にZTEの顧客だったイラン企業と契約を結び、通信機器・部品を供給していた。14年9月━16年1月にかけ、計18件の米輸出規制違反の疑いがあるという。

商務省の高官は声明で、ZTEが同省の調査を受けていた時期に「ファー・イースト・ケーブルはZTEの仲介役として、ZTEによるイランへの(通信機器)輸出を促進していた」という認識を示した。

Reuters
Reuters