ロシア連邦保安庁、在ウラジオストク日本総領事館の領事を拘束 「限定配布資料を入手した」

2022/09/27
更新: 2022/09/27
コメント

タス通信によると、ロシアの情報機関「連邦保安庁(FSB)」は26日、限定配布された情報を入手したなどとして、在ウラジオストク日本総領事館の領事を拘束したと発表した。

タス通信によると、欧米諸国の経済制裁がロシアの沿岸地域に与える影響について記した機密文書を同外交官が入手したという。

ロシア外務省は別の声明で、領事は「48時間以内にロシアを離れなければならない」と付け加えた。

ロシア側は領事を「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)」と指定し、外交チャネルを通じて日本側に抗議したという。

政治、経済、安全保障などを担当しております。