台湾の法輪功人権弁護士団 江沢民死去に声明発表

2022/12/02
更新: 2022/12/02
コメント

台湾の法輪功人権弁護士団は、法輪功迫害の元凶である江沢民の死去を受け、公式声明を発表した。

法輪功人権弁護士団の5つの声明は以下の通り。

1.我々は、中国共産党の現指導者が法輪功への迫害を直ちに停止し、中国で不法に拘束されているすべての法輪功学習者を解放し、法輪功を迫害する者に対し、法的責任を追求する。弾圧を計画した江沢民は亡くなったが、もし現在の指導者が法輪功迫害の政策を続けるなら、その指導者もいずれ法輪功弾圧の法的責任を問われることになる。

2.江沢民に追随し、法輪功への迫害に直接的または間接的に関与している国内外のすべての人々に、直ちに悪事から足を洗うよう呼びかける。中国での法輪功学習者への逮捕を自主的に止めよ。海外での法輪功学習者への誹謗、中傷、脅迫を中止し、将来、法輪功迫害の罪で裁かれたときに、それを償うために、法輪功迫害に関するすべての書類や証拠を保持するように。

3.法輪功学習者の臓器収奪に関与したすべての中共関係者と医療従事者は、直ちにその残虐行為を停止せよ。そして、法輪功学習者への臓器収奪を命令した中共の文書と、計画や執行に関するあらゆる中共の文書及び証拠を揃えよ。将来、生体臓器収奪の責任追求をする際に過ちを償うことができるだろう。

4.法輪功への迫害と生体臓器収奪をやめない幹部や個人に対して、法輪功学習者と弁護団は、引き続き法的責任を追及する。

5. 過去20年間、江沢民は世界18か国で、法輪功学習者に対する人道に対する罪、大量虐殺、拷問の罪で告発され、37か国では400万人近くが法輪功迫害の犯罪を訴え、中国では数十万人の法輪功学習者が実名で江沢民を相手に訴訟を起こしている。しかし、最終的に、江沢民は存命中に歴史的な裁判を受けることはなかった。これは、すべての法輪功学習者、特に迫害されている学習者とその家族、そして、この数十年にわたる江沢民による迫害に巻き込まれた中国全体にとって、非常に残念なことだ。但し、1億人の法輪功学習者に対する江沢民の知られざる犯罪のすべては、人類が同じ過ちを繰り返さないための戒めとして、歴史に刻まれることになる。
 

NTD JAPAN