【張錫純の診療記録の解釈】(3)便秘の根本治療法

2023/12/02
更新: 2023/12/01

 中医学には「異病同治」という言葉があり、具体的な症状は異なっていても、根本的な原因が同じであるため、異なる疾病を同じ処方で治療することがあるのです。 これは今日これからお話しする便秘の根本治療のケースであり、前にお話しした不眠症のケースと同じです。 今回、張錫純が残した治療ケースは、特定の症状を解消するためだけに薬を使用すると、食道逆流症、摂食障害、嘔吐、鼻血、喘息や咳、めまいなど、様々な複雑で治療が難しい病気を引き起こす可能性があることを指摘して、そのことを現代の医師に思い出させるのです。大事なことですね。 

診療録: 便秘の根本治療法 

患者の郭さんは、年齢は30歳未満で、張錫純は滄州から天津に引っ越したばかりの時、治療を求めに来た。 郭さんは「心が落ち込むことが多く、食べ物が胃の中に停滞し、時々嘔吐する。最もつらいのは便秘で、下剤を服用しないと解消できない。この症状は1年以上続いている」と語ったのです。何度も苦しみましたが、どの薬も効果がなく、症状が大きく悪化することもなく、日常生活はなんとか送ることができましたが、食事量の減少と食欲の低下により、体はかなり弱ってしまったのです。 この患者は、このままでは便秘などが解消されず、徐々に体がボロボロになってしまうのではないかと不安になっていました。 

張錫純は脈を診ました。脈診は伝統的な中国医学の重要な診断方法であり、内臓と経絡の働きを理解することを目的としています。 これは、TCM 治療が経絡の 5 要素のエネルギー メカニズムに基づいて問題を発見し、病因を見つけて内臓を矯正するためです。 張さんの脈診の結果、「6つの経絡すべてが郁象している」ことが判明したのです。 郁象とは、経絡が詰まる事です。では、なぜ経絡が6本あるのでしょうか? 「肝、心、脾、肺、腎」は「木、火、土、金、水」の五つの要素に対応するので、それが五行に対応する経絡ではないでしょうか?  実は、体幹は確かに5つの部分から構成されていますが、そのうちの1つは各臓器を調整する経絡であり、6つの部分から構成されています。 

張錫純は脈を診断した後、非常に明確な考えを持ってすぐ患者に病因の場所とその治療法を伝えました。「この胃気の降下していない症候群の、治療は簡単です。数回の投与で治ります」と言いました。胃の経絡にある気(五行の土のエネルギー)が不足することが原因で起こります。赭石(しゃせき:土状の赤鉄鉱。精製して深紅色の顔料として用いる)を主薬として数回服用するだけで治ります。 

張錫純は、現象を通して本質を見抜くことができたので、自信を持ってそう言いました、不眠症の病因と同じように、胃の気は下降できず、人体の経絡全体が「人間の回路」と電気の誤作動のようなものになるのでブロックされてしまうのです。 胃気の逆流が起きると、食べ物が自然に下がらずに胃の中で止まり、嘔吐、吐き気、食欲不振、胃酸が上向きに逆流して逆流性食道を引き起こす人もいます。重度の便秘も同様の理由で起こります 。大腸は胃の下にあり、胃の気は上向きに逆行してしまうのです。大腸の気機がブロックされ、下向きの推進力を失います 。このとき初めて便秘は、起こりますが、無理に下剤を飲んでも、気の動きが正常に戻らず、胃気は上昇したままで、常に便秘が続いてしまうのです。 

張錫純は、胃気を降下するというこの治療法に従って、すべての経絡が遮断されなければ病気は簡単に治り、すべての症状が自然に消えることを知っていました。 そこで彼は、「赭石の微粉末を一两(いちりょう)、生の長芋と加熱した長芋をそれぞれ七銭、当帰を三銭、生鶏内金を二銭、厚朴と柴胡をそれぞれ一銭ずつ」処方した。また、患者に「この薬を煎じて、1日に1回排便するまで、1日1回服用してから処方を変更してください」と伝え、その後男性はこの薬を8回服用し、8日で正常な状態に戻りました。 1日1回排便できるようになり、うつ状態も大幅に軽減され、食事の量も大幅に増加しました。 基本的に治ったとしても、張錫純は完治させるために、赭石を1 两から6銭に、柴胡( セリ科植物ミシマサイコ、ハクサンサイコなどの類の漢名。特にミシマサイコの根を乾燥したものを慢性体熱をとる解熱剤とし、漢方医学では呼吸器病などに使用される)を5銭に変更しました、白朮(びゃくじつ:朮(おけら)の若い根の外皮を取り除いた生薬(しょうやく)半銭を加えた。 完全に治癒するまで患者に 10 回の投与を続けてもらいます。

 

腹部膨満防止薬と下剤薬だけを服用した場合の影響

 張錫純は医療記録の中で医師に対し、患者が胸や腹部に膨満感や抑うつ感を感じた場合は、膨満感を解消する薬を処方します。便秘の場合は下剤やその他の下剤を処方すると病気を治すことができないだけでなく、恐ろしい結果につながると、逆の事を言うのです。

 「胃に入った食べ物や飲み物は通過できず、上部が膨満し、下部が便秘になります。これは避けられない傾向です。しかし、この病気を治療している人はそのことを知りません」と彼は言いました。

病気の原因は、胃気が下がらないことです。時間が経つにつれて、様々な合併症が徐々に現れ、一般的な嘔吐、消化機能障害、食道逆流に加えて、一部の人々はまた、吐血、鼻血、胸と横隔膜の熱、めまい、肺の痰とうっ血、喘息や咳、動悸、不眠症などの症状の複雑さが出てきます。医師はそれを理解できないので、治療したいのですが、非常に困難になります。

 この時点で張錫純は、なぜ多くの治療家が薬について間違った考え方をするのか、なぜ正しい考え方をするのにうまくいかないのか、その理由を徹底的に説明しているのです。 その目的は、エネルギーと気の集合体である経絡の調整を中心とした漢方医学の正しい考え方を教え、そのような困難に遭遇したときに、赭石を使って問題を解決する方法を伝授することにあるのです。 次号では、赭石の薬理学と処方全体の構成の根拠について、詳しく解説いたしましょう。

 

人の自然治癒力、免疫力を自然に戻し、爽快感や幸福感を感じられるようにしてくれるのが漢方でしょうか!
よっちゃん必撮仕事人 PIXTA(ピクスタ)pixta_73651595_M

 

注:医療記録は『医学衷中参西录』の「胃気の降らない治療について」によるもので、処方箋は研究のための参考のみを目的としています。ですので、薬の処方については専門の医師にご相談ください。

漢方について、もっと知りたい方は、以下のリンクをご参考に!

漢方の奥義書『黄帝内経』:https://www.epochtimes.jp/2023/11/187453.html

【漢方】を救った清朝末の名医、張錫純について : https://www.epochtimes.jp/2023/11/184003.html

 

白玉煕
文化面担当の編集者。中国の古典的な医療や漢方に深い見識があり、『黄帝内経』や『傷寒論』、『神農本草経』などの古文書を研究している。人体は小さな宇宙であるという中国古来の理論に基づき、漢方の奥深さをわかりやすく伝えている。
関連特集: 健康・美容