大紀元時報
トップ テキサス
テキサス
復旦大学の陳平教授 (スクリーンショット)
2021.02.22
反米で有名な中国人教授、実はテキサス在住 ネットで批判殺到

中国復旦大学の陳平教授は反米家として知られ、中国のミニブログ「微博(Weibo)」 に380万人以上のフォロワーを持つ。しかしこのほど、彼が実はテキサス州在住であ...

ジョン・ロバーツ最高裁長官。2018年11月30日、ワシントンの連邦最高裁判所(J. Scott Applewhite/AP Photo)
2020.12.20
米最高裁の告発者「テキサス訴訟の議論中にロバーツ判事が怒鳴った」 最高裁が反論

米連邦最高裁判所のジョン・ロバーツ首席判事が最高裁の一室で他の8人の判事を怒鳴りつけ、激戦4州に対するテキサス州の選挙訴訟を受理しないよう求めたという報道に対して...

2020年12月5日、ジョージア州バルドスタのバルドスタ空港で行われた共和党上院候補者を支持する集会で、拳を上げるドナルド・トランプ大統領(Andrew Caballero-Reynolds/AFP via Getty Images)
2020.12.14
トランプ氏、テキサス州の訴訟を巡る最高裁の判断を批判 「戦いは始まったばかりだ!」

トランプ大統領は、テキサス州が4つの激戦州を相手取って起こした訴訟を受理しないという最高裁の決定を受けて、「最高裁には本当に失望した。彼らには知恵も勇気もない!」...

2016年2月13日、ワシントンの連邦最高裁判所と米国国旗 (Drew Angerer/Getty Images)
2020.12.12
連邦最高裁、テキサス州の訴訟を却下 ジュリアーニ氏「地裁で再提訴の可能性も」

米国の最高裁判所は11日、4つの激戦州の選挙結果に異議を唱えるテキサス州の訴訟を受理しない決断を下した。

2020年3月10日、ワシントンにある連邦最高裁判所(Samira Bouaou/The Epoch Times)
2020.12.11
大統領選めぐるテキサス州の提訴 トランプ氏と6州が参加申請 

テキサス州は12月8日、ペンシルベニア州、ジョージア州、ミシガン州、ウィスコンシン州の4州を相手取り、これらの州が大統領選挙で憲法に違反したとして、連邦最高裁判所...

巨大な生物の正体は?(スクリーンショット)
2017.09.06
ハリケーン「ハービー」
テキサス被災地に意外な「侵入者」警察沙汰に

8月下旬、ハリケーン「ハービー」が猛威を振るったテキサス州・ヒューストンでは最大1メートル30センチを超す浸水に見舞われる大惨事となり、多数の住民が避難を余儀なく...

顔面部に特定の区画があり、各区画内の脂肪の貯蔵量が、顔の老化現象に密接な関係があるという(Getty Images)
2007.09.30
顔面の老化原因を発見=米科学者

 【大紀元日本9月30日】顔面の筋肉は、年齢とともに段々と緩んできて老化し、たとえ市販のアンチ・エイジング商品を存分に用いても、顔面皮膚の下垂を避けられない。最新...

講演する程暁農氏(大紀元)
2006.11.25
程暁農テキサス大学講演:中国の改革モデルについて分析

 【大紀元日本11月25日】過去20年余りの間、中国共産党(中共)政権は大陸において経済改革を実施してきたが、その経済発展のペースは世界の注目を集め続けてきた。高...

^