米FBI、バイデン氏息子のパソコンを入手 ウクライナ疑惑関連のメールも

2020年10月16日 13時40分

ニューヨーク・ポストが10月14日に公開した文書によると、連邦捜査局(FBI)は大統領候補ジョー・バイデン氏の息子、ハンター・バイデン氏に宛てた電子メールや写真が入ったノートパソコンとハードディスクを入手した。

バイデン陣営は、ブリスマ・ホールディングスの幹部との会合など、報道の一部に異議を唱えた

パソコン修理店に持ち込まれたハンター・バイデン氏のパソコン

デラウェア地区地方裁判所から提出されたとされる、2019年12月9日付けの召喚状は、米アップル社のMacBook Proと外付けハードディスクに関するものだった。

この召喚状はデラウェア州のある電気店のオーナーに対して発行された。問題のパソコンは2019年4月に同電気店に修理に出された。店のオーナー、ジョン・ポール・マック・アイザック(John Paul Mac Isaac)氏がニューヨーク・ポストに語ったとされている。

このパソコンの請求書にはハンター・バイデン氏の名前が書かれており、パソコンにはハンター・バイデン氏の亡き弟にちなんで名付けられた「ボー・バイデン財団」のシールが貼られていた。パソコンの差出人は、浸水したパソコンのデータを復元して欲しいと依頼した。データの復元は成功したが、差出人は90日たっても引き取りに来ることはなく、連絡も取れなかった。そのためマック・アイザック氏はパソコンの中身を確認した。中身の重要性に気づいた彼はFBIに通報した後、パソコンとハードディスクが押収されたという。

押収される前、彼はハードディスクの中身をコピーし、バックアップを保管しており、今年8月にジュリアーニ氏の弁護士、ロバート・コステロ(Robert Costello)氏に渡した。

ニューヨーク・ポストは、ドナルド・トランプ大統領の個人弁護士、ルーディ・ジュリアーニ氏からハードディスクのコピーを入手したと報じている。

ジョー・バイデン氏に不利な証拠も ウクライナ疑惑

ジュリアーニ氏は10月14日にツイッターでこの話を投稿し、「まだまだ続きます」と述べた。同日、ホワイトハウス前首席戦略官スティーブ・バノン氏の番組「War Room:Pandemic」に出演した際、ジュリアーニ氏は、この文書の発表によって、バイデン氏が2018年に認めた、ウクライナに対してとったある行動の「動機が分かった」と話した。

バイデン氏はオバマ政権の対ウクライナ政策の中心人物であり、彼自身も2018年の会談で詳細を認めている。

バイデン氏は、2015年にウクライナを訪問した際、ペトロ・ポロシェンコ大統領とアルセニー・ヤツェニュク首相に対し、10億ドルの融資保証をしないと脅して、ヴィクトル・ショーキン検事総長を解任させたと話した。

「私は彼らを見てこう言った:私は6時間後に出発する。もし検事総長を解雇しなければ、お金はやらない」とバイデン氏は外交問題評議会で語った。「そして、彼はクビになった」

2017年1月16日、ウクライナのペトロ・ポロシェンコ大統領との会談に出席するジョー・バイデン副大統領 (Genya Savilov/AFP/Getty Images)

ジュリアーニ氏は10月14日、「ジョー・バイデン氏に不利な証拠がこんなにたくさんある中で、何年も前からずっとニュースで扱われていないのは全国的なスキャンダルだ」と述べた。

ジュリアーニ氏の広報担当者は、大紀元にハードディスクのコピーの提供を断った。

トランプ氏は2019年にウクライナ大統領に対して、バイデン氏の汚職問題を調査するようにと要求した。米国議会はこの要求が不適切であると主張し、2019年後半に下院がトランプ氏の弾劾を試みたことにつながった。トランプ氏は自身の要求を擁護する際、バイデン氏の上記のコメントを引用している

トランプ陣営のコミュニケーション・ディレクター、Tim Murtaugh氏は、バイデン氏が息子のビジネス取引について話したことがないと以前言ったときに嘘をついていたことを、今回公開された書類は示していると話した。

FBIの広報担当者は大紀元に電子メールで、「我々は、調査の存在を肯定も否定もしないという我々の標準的な慣行に従って、何もコメントしない」と伝えた。

デラウェア地区連邦検事局の広報担当者は大紀元への電子メールで、「司法省の方針に従い、私の事務所は調査の存在を肯定も否定もできない」と述べた。

ハンター・バイデン氏の弁護士に送られた質問は、返答されなかった。

ハンター氏とジョー・バイデン氏の過去の行動を調査してきた上院国土安全保障・政府問題委員会の広報担当者は、同委員会の内部告発者のためのアカウントで苦情の電子メールを受け取っており、その情報を検証していると大紀元に伝えた。

「バイデン一族が副大統領の立場を利用しようとしていたことを示す証拠は山ほどあり、全てを把握するのが難しいほどです」と委員長のロン・ジョンソン氏 (共和党、ウィスコンシン州選出) は声明で述べた。

「今日の報告書は解決しなければならないさらに多くの疑問を提起しました。私たちが実際に知っているのは、ハンター・バイデン氏が、元モスクワ市長の妻、中国共産党とつながりのある人々、そして他の好ましくない人物など、外国人から何百万ドルも受け取ったということです。ジョー・バイデン氏はいい加減正直になって、これらすべての問題についてアメリカ国民に真実を伝える必要があります。そして、彼は今すぐにそれをする必要があります」

ニューヨーク・ポストが公開した文書には、当時ブリスマ・ホールディングスの取締役会の顧問だったヴァディム・ポザルスキー(Vadym Pozharskyi)氏の電子メールとされるものが含まれていた。ブリスマ・ホールディングスはウクライナのエネルギー企業で、バイデン氏が副大統領だった時にハンター氏に報酬を支払って取締役に就任させていた。

ポザルスキー氏が送ったとされるメールには、「親愛なるハンター、ワシントンDCにお招きいただき、そしてお父様にお会いし、一緒にお時間を過ごさせていただき、ありがとうございました」と書かれている。

ポザルスキー氏にコメントを求めたが、回答は得られなかった。

ジョー・バイデン氏は息子とビジネスの取引について話したことはないと述べているが、米誌「ニューヨーカー」7月に掲載された記事によると、ハンター氏は父親とブリスマについて話したとっている。

(大紀元日本ウェブ編集部)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^