トランプ氏、奇跡の生還、ペンシルベニア州での暗殺未遂

トランプ銃撃事件の直前の不審な活動や証言についてのレポート。13日の集会中、襲撃者がドナルド・トランプ前大統領に数発の銃弾を発射し、前大統領の右耳を貫通し、観客席の男性1人を死亡させ、さらに2人に重傷を負わせた。

トランプ弁護団、マール・ア・ラゴ捜査官の証言求め

トランプ弁護団、マール・ア・ラゴ捜査官の証言求めた。検察側は、弁護側がそのような要求で訴訟手続きを不当に遅らせていると主張した。

FBIはトランプ氏私邸の家宅捜査でSSとの「交戦」を備えていた 銃を所持=開示文書

21日に新たに開示された文書によると、2022年にトランプ前大統領の私邸を家宅捜査した連邦捜査局(FBI)の捜査官は、米大統領警護隊(シークレットサービス)との「交戦」の可能性に備えていたことが分かった。
2024/05/23

トランプ氏刑事訴追の特別検察官、判事に誤解を与えたと認める

米トランプ前大統領に対する刑事捜査を監督するジャック・スミス特別検察官のチームは5月3日、トランプ氏に対する刑事事件の1件における証拠の取り扱いに関して、連邦地裁判事に誤解を与えたと認めた。
2024/05/09 Zachary Stieber

1月6日議事堂事件にFBIなどエージェント50人関与:裁判資料(下)

海軍が一般兵士に対して1月6日に行われた指揮官の演説への出席や、第一修正条項に基づく活動への参加を禁じたことは、1月6日の出来事が通常のものではないと予見されていたことを示している。
2024/05/09 Joseph M. Hanneman

1月6日議事堂事件にFBIなどエージェント50人関与:裁判資料(上)

2021年1月6日に勤務していたFBI特別捜査官や合同テロ対策タスクフォースのメンバーは約50名に上った。ウィリアム・ポープ氏によると、捜査官の多くは抗議行動と違反行為の間、連邦議会議事堂の敷地内にいた
2024/05/09 Joseph M. Hanneman

米国FBIが法輪功迫害者8万1340名のリストを入手

今年4月、「法輪功迫害追跡国際組織(WOIPFG)」は、法輪功学習者に対する迫害に関与している疑いのある人物の名簿を米国の連邦捜査局(FBI)に提出した。
2024/04/30 羅瓊

中国共産党の脅威に警鐘 FBI局長が予算増額を求める

FBIのクリストファー・レイ局長はアメリカが直面している「深刻な脅威」についてFBIの予算増額の必要性を強調した。レイ局長は特に中国共産党の行動が国際安全に与える影響が大きいと訴えている。
2024/04/13 新唐人テレビ

中国ハッカーの数「米国サイバー専門家の50倍」=FBI長官

レイ氏は、中国共産党は「ハッキング、嘘、詐欺、盗みを惜しまず、世界の超大国としてトップに上り詰めようとしている」と指摘。「中国共産党は他のすべての主要国を合わせたものよりも大規模なハッキングプログラムを持っている」と危機感を示した。
2024/04/12 Andrew Thornebrooke

<写真あり>米FBI、ニューヨーク市長の女性顧問を家宅捜索 中国秘密警察署とも関係か

米FBIは現地時間2月29日、職権濫用などの疑いがあるとして、ニューヨーク市長エリック・アダムス氏の顧問で中国系女性のウィニー・グレコ氏の自宅を家宅捜索した。現地メディアは、グレコ氏と秘密警察署との関係性にも注目している。
2024/03/05 Wenliang Wang

身代金型ウイルス撒く犯罪集団「ロックビット」摘発 日本の警察庁ソフト、回復で支援

米欧当局は20日、身代金を要求をするランサムウェアを運営する組織「ロックビット」を摘発し、メンバー2人の逮捕・起訴とウェブサイトの閉鎖を発表した。被害データの回復には、日本の警察庁が開発した無料ツールが役立てられている。
2024/02/21 佐渡道世

中共ハッカーが米国の重要インフラにハッキングしていたことが明らかに

2月7日、米国CISA、FBIやNSAなどは、共同で勧告を発表し、中共が支援するハッカー集団「ボルト・タイフーン」が、過去5年間にわたり米国の主要な重要インフラの一部にアクセスし続けていると指摘した。
2024/02/09 林燕

中国のサイバー攻撃、全米がターゲット…水道や電力、交通網を麻痺させる能力ある=FBI長官

米国FBIのクリストファー・レイ長官は、1月31日に下院特別委員会で証言し、中国政府のハッキング活動がアメリカ国民全体を対象にし、米国の国家安全保障に対する脅威の緊急性が高まっていることを議員に警告した。レイ長官は、「中国人民共和国(PRC)のハッカーが、私たちの重要なインフラストラクチャーを標的にしている事実に、公衆の注意が過小評価されている」と述べた。
2024/02/02 佐渡道世

米が中国ハッキング活動阻止、台湾危機に備え重要インフラ標的か

米司法省と連邦捜査局(FBI)は31日、米国の重要インフラ機関を標的とした中国による大規模なサイバースパイ活動を阻止したと発表した。将来の地政学的危機の際に利用される可能性があったという。
2024/02/01 Reuters

米国内に次のテロ攻撃計画組織が存在か?(2)

「国境警備隊の目をかいくぐって米国に入国した160万人以上の不法移民の中にテロリストがいる可能性が大いにある」
2023/10/25 Autumn Spredemann

米国内に次のテロ攻撃計画組織が存在か?(1)

「国境警備隊の目をかいくぐって米国に入国した160万人以上の不法移民の中にテロリストがいる可能性が大いにある」
2023/10/24 Autumn Spredemann

「移民に強力な思想審査を実施」トランプ氏、ハマス支持者の追放を公約

トランプ前大統領は16日、イスラム原理主義組織ハマスのイスラエルへの大規模攻撃を受け、2024年の大統領選に当選した場合「米国へのすべての移民に対して強力な思想審査を実施する」と公約した。
2023/10/17 Nathan Worcester

Z世代、約7割がSNSで「性的脅迫」を経験=報告書

SNSを通じて性的な画像・動画を提供させ、金銭的利益などのためにそれを同意なく拡散すると脅迫する「セクストーション(性的な脅迫)」が世界的な問題となっている。この度、米国で行われた世論調査で世界のZ世代(10代後半~20代前半)の約3分の2がセクストーションの標的となっていることが明らかになった。
2023/06/29 Naveen Athrappully