ポルシェ、SUVの2車種回収へ 燃料漏れの不具合

2015/10/31 19:21

 ドイツの自動車メーカー、ポルシェは30日、同社生産のSUV車、マカンSとマカンターボの2車種のエンジンに燃料漏れの不具合が起きているとして、世界各地で販売済みの全5万8881台を回収し燃料パイプを無料交換する、と発表した。

 顧客からのクレームを受けて同社が詳しく調べたところ、燃料パイプから燃料が漏れる可能性があると発見した。現時点ではまだ事故や負傷者の報告はないという。

 回収する全5万8881台のうち、米国は2万1835台、カナダは3490台、ドイツは3641台。

 同社は、2014年にもエンジン不良に起因する発火問題でスポーツカー「911 GT3(2014年モデル)」のリコールを実施し、エンジン交換を行った。

(翻訳編集・叶子)

関連記事
注目記事
^