王室スキャンダル

ベルギー王子に罰 無断で中国人民軍の創設90年パーティに出席

2017年08月09日 07時00分

 ベルギー王子は、中国人民解放軍の創設90周年を祝うパーティに無断で出席したとして、王室手当の減額と罰金を科される。王子は昨年、同国政府の意図しない方便な外遊により、外交活動を制限されている最中だった。

 ベルギーのフィリップ王(57)の弟ロラン王子(53)は7月19日、在ブリュッセル中国大使館で開かれた軍創設90年パーティに出席。伝えられるところによると、新華社通信が撮影した王子の映る写真を、自身のTwitterで転載したため、問題は広く知られるようになった。

 同国政府報道官によると、チャールズ・ミシェル首相はロラン王子に対して、年間の王室手当30.8万ユーロ(約4000万円)の削減と3万ユーロ(約390万円)の罰金を科すことを検討している。いっぽう、ロラン王子は「個人的な招へいを受けただけ」と主張しているという。

 ロラン王子は、王室内の「トラブルメーカー」的存在であることが国内外で知られている。英ガーディアン紙によると、2008~2010年、リビアに頻繁に訪問。独裁政権を握っていたムアンマル・カダフィ氏の家族とビジネスを始めることを検討していたという。昨年12月、非公式にスリランカを訪問し、首相と面会した。以後、ベルギー政府により、許可なく外国公人と会うことを禁じられた。

(翻訳編集・佐渡道世)

関連キーワード
^