大紀元コラム

党大会中に挑発を止めた北朝鮮 取引があった可能性も

2017年10月30日 20時00分

 中国共産党大会を終えて2期目がスタートした習近平総書記と、北朝鮮の金正恩・労働党委員長との関係が明かに冷え込んでいる。

 習氏の総書記再任が発表された25日に金正恩委員長はすぐ祝電を送った。26日、中国外務省の定例記者会見で、祝電が「中朝関係の改善を意味するのか」との質問に対して、外交部報道官は、「多くの国や政党の指導者から、祝電や祝辞を頂いた」と前置きしたうえ、「北朝鮮の指導者からも祝電を頂いた」と淡々と話した。しかし、報道官は自らの発言が逆に中朝関係の悪化を示唆したと気付いたのだろうか、すぐに「中朝両国は近隣国で、両国には友好交流の伝統がある」と付け加えた。

 中国国営新華社通信25日の報道もあっさりしていた。

 この日の報道のタイトルは『ベトナム、ラオス、キューバ、北朝鮮の指導者から祝電が届き、習近平氏の党中央委員会総書記選出を熱烈に祝った』だった。

 5年前にも金正恩委員長は総書記に就任した習近平氏に祝電を送った。その際の新華社通信は、紙面一面に祝電内容を紹介したという歓迎ぶりだった

 さらに10年前を遡ってみると、胡錦涛氏の総書記再任に北朝鮮の金正日総書記(故人)が祝電を送った際、中国官製メディアは今回と同様に北朝鮮をベトナムやラオスなどの国と並んで一緒に報じた。しかし、記事のタイトルは『北朝鮮、ベトナム、キューバ、ラオスの指導者が祝電を送った』で、国の順番では北朝鮮は他の共産国家の中でトップだった。当時中朝両指導部がまだ親密な関係であったことを示された。

 中国指導部に冷たい態度を示す金正恩委員長

 一方、祝電を送ったものの、金正恩委員長も、中国最高指導部に「友好」と程遠い冷淡な文言を並べた。

 党大会の開幕と閉幕に合わせて、金委員長は2回の祝電を送った。1回目の祝電で、金委員長は中国共産党の「社会主義建設の偉業」を称賛し、第19回党大会の円満に開催することを「心から祈る」とした。ただ、同内容の中に、習近平氏についての言及はなかった。これは非常に異例だ。

 また、2回目の祝電に、「習近平総書記様」との文言があったが、分量が従来より減り、『朝中の友好には、両党両国の先代指導者らの心血と苦労が凝集されている』との文言がなく、簡素なものとなっている。

 さらに、金正恩氏は閉幕に合わせて送った祝電の最後に「朝中の両党、両国間の関係が両国人民の利益にかなう発展をすると確信しています」と結んだ。しかし2012年に送った内容は「朝中の伝統的な友好は、両国人民の願いに即して、引き続き強化し発展すると信じています」と両国友好を強調したものだった。

 中国党大会開催までの1年間の間、北朝鮮が頻繁にミサイル発射してきた。北朝鮮の後ろ盾である中国当局に対して、米国をはじめとする国際社会は、北朝鮮への圧力を強化するよう要求してきた。米国に同調した習近平政権は、中国共産党機関紙・人民日報の評論記事を通じて、北朝鮮を非難し始めた。朝鮮労働党機関紙・労働新聞もそれに負けずに、人民日報を批判した。このような中朝批判合戦は非常に稀なことだ。

 さらに、国連安全保障理事会(安保理)では9月、中国当局は米国が主導した対北朝鮮の「過去最大な」追加制裁決議に賛成した。欧米社会に追随する習近平氏に金正恩氏は快く思っていないに違いない。

 党大会開催中、なぜ北朝鮮がミサイル発射を実施しなかったのか

関連キーワード

関連特集

^