THE EPOCH TIMES

豪連立政権内の亀裂あらわ、副首相が不倫問題巡る首相の発言を批判

2018年02月17日 09時08分

[シドニー 16日 ロイター] - オーストラリアのジョイス副首相は16日、元スタッフの女性との不倫問題を巡って辞任することを拒否するとともに、自身の行為に関するターンブル首相の発言は「不適切だ」と批判した。

連立政権内の亀裂があらわになった格好だ。

ターンブル氏は前日の記者会見で、ジョイス氏が元広報担当の女性と不倫関係となり、女性が妊娠していることについて「ジョイス氏は衝撃的な判断の誤りを犯した」と述べた上で、「閣僚が自分達のために働いてくれる人と性的関係を持つことは受け入れられない」と説明した。

ターンブル氏はまた、ジョイス氏に対して自身の立場を考慮するよう求めていた。

ターンブル氏の発言は国民党党首でもあるジョイス氏に副首相辞任を事実上求めたものとみられていたが、ジョイス氏は16日、同僚の支持を得ていると発言。キャンベラで記者団に対し、「きのうの記者会見での首相発言は、さらなる害を引き起こす」と批判した。

ターンブル氏はこうした批判についてコメントを避けたものの、ジョイス副首相を解任するよう求める圧力が強まっている。ただ、連立政権はわずか1議席差で辛うじて議会の過半数を維持しているにすぎず、ジョイス氏が議員辞職すれば連立政権がリスクにさらされることになる。

議会は15日、不倫問題でジョイス氏が閣僚としての行動規範に違反したとし、辞任を求める動議を可決した。

野党・労働党のショーテン党首は「この政権は危機にある。首相と副首相が敵対しており、この危機が続くことは容認できない。ターンブル氏は内閣からジョイス副首相を追い出さなければならない」と述べた。

*内容を追加します。

^