THE EPOCH TIMES

トランプ大統領が米朝会談の中止を通告、金委員長への書簡全文

2018年05月25日 16時21分

[ワシントン 24日 ロイター] - トランプ米大統領は、来月12日にシンガポールで開催される予定だった米朝首脳会談を中止すると、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に通告した。

ホワイトハウスが24日公表した、トランプ大統領が金氏に宛てた書簡の全文は以下の通り。

親愛なる委員長へ

双方が待ち望み、6月12日に予定されていたシンガポールでの首脳会談に向けて続けてきた交渉や協議において、あなたが費やした時間と忍耐、労力に、われわれはとても感謝します。会談は北朝鮮からの要請であると知らされていたものの、それはわれわれにとって全く関係ありません。シンガポールであなたにお会いするのをとても楽しみにしていました。だが残念なことに、あなた方の最近の声明にみられる激しい怒りとあらわな敵意を鑑み、長い時間をかけて計画してきた今回の会談を実施することは不適切だと感じています。したがって、この書簡をもって、シンガポールでの会談を行わないことを表明します。双方のためではありますが、世界にとっては損失となるでしょう。あなたは自国の核能力について語りますが、われわれのものは非常に大規模かつ強力で、決して使用される必要のないことを私は神に祈ります。

素晴らしい対話が、あなたと私の間で築かれつつあると思っていました。そして結局、そうした対話だけが重要なのです。いつか、あなたとお会いできる日をとても楽しみにしています。また、米国人を解放してくれたことに感謝します。彼らは今、家族と共にいます。素晴らしい意思表示で、とても感謝しています。

この最も重要な首脳会談について考えが変わったなら、遠慮なく電話あるいは手紙をください。世界、とりわけ北朝鮮は、持続的な平和と大いなる繁栄、そして富を得る大きな機会を失いました。この機会喪失は、歴史において真に悲しむべき出来事です。

 

 5月24日、トランプ米大統領は、来月12日にシンガポールで開催される予定だった米朝首脳会談を中止すると、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長に通告した。写真は、ホワイトハウスが24日公表した、トランプ大統領が金氏に宛てた書簡(2018年 ロイター)

 

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^