THE EPOCH TIMES

2017年の北朝鮮GDPは3.5%減、20年ぶりの大幅なマイナス

2018年07月20日 14時16分

[ソウル 20日 ロイター] - 韓国銀行(中銀)が20日に公表した推計値によると、2017年の北朝鮮の国内総生産(GDP)は前年比3.5%減少し、国際的な制裁の影響により1997年以来の大幅なマイナス成長を記録した。北朝鮮は1997年は深刻な飢饉に見舞われ、GDPは6.5%減少していた。

GDPのおよそ3分の1に相当するとされる鉱工業生産は8.5%減で、こちらも1997年以来の大幅なマイナスとなった。制裁で石油などのエネルギー資源の輸入に規制がかかり、工場生産が打撃を受けた。農業と建設業の生産は、それぞれ1.3%減、4.4%減だった。

韓国中銀の担当者は「2017年の制裁は16年より強力なものだった」と指摘。「石炭や鉄鋼、水産物、繊維製品の輸出が禁じられる中、対外貿易量が大幅に減少した。正確な数値を出すのは難しいが、(禁輸によって)鉱工業生産は崩壊状態に陥った」と述べた。

韓国中銀によると、北朝鮮の1人当たりの国民総所得(GNI)は146万ウォン(1283.52ドル)で、韓国の約4.4%だった。

また、韓国中銀が大韓貿易投資振興公社(KOTRA)のデータとした発表したところによると、北朝鮮の2017年の輸出は37.2%減少し、38.5減だった1998年以来の大幅なマイナスとなった。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^