香港脱党集会:欧州議会副議長と香港立法会議員、北京に、高智晟らの釈放を促す

2006年08月30日 11時50分
 【大紀元日本8月30日】欧州議会エドワード・マクミラン・スコット副議長と香港立法会何俊仁議員は26日、香港・ヴィクトリア公園の「中国共産党脱党」応援集会に出席し、中国当局に対し、直ちに高智晟弁護士と、山東省の盲人人権活動家・陳光誠を釈放するよう促した。

 VOAの報道によると、欧州議会で人権及び民主に関する事項について責任を負うスコット副主席は集会で、中国において差し迫って必要なのは、人権と民主であると発言した。スコット氏は、中国の人権状況、特に、高智晟逮捕事件について極めて大きな関心を持っていると述べた。高智晟が体罰や酷刑を受ける可能性が非常に高いと考え、生命の安全についても懸念を抱いている。

 先日、暴徒の襲撃に遭い、刃物の刃の入った脅迫状を受け取った香港立法会何俊仁議員は集会で、地方官員による計画生育政策(一人っ子政策)の野蛮なまでの実施ぶりを明らかにした盲人人権活動家陳光誠が、“交通秩序撹乱”罪の認定を受けたことに全く道理はないと語った。何俊仁議員は、中共当局に対し、理もなく懲役4年3ヶ月の判決を受けた陳光誠及び他の人権活動家を直ちに釈放するよう求めるとともに、世界で、毎週一回のリレー形式で行っているハンストを続け、中国の民主活動と人権活動家に声援を送っていくと述べた。

 スコット氏及び何俊仁は、世界の法律家に対し、中国当局及び在外公館に対して書簡を送り、高智晟を直ちに釈放することを要求するよう呼びかけた。スコット氏は同時に、中国当局に対して法輪功への迫害をやめるよう呼びかけた。

関連キーワード
^