印刷版   

イラク高等教育省から拉致の人質、大半が解放

 イラク国営テレビのイラキヤは15日、14日に高等教育省から拉致された人質の大半が、バグダッドで行われた治安部隊の作戦により解放されたことを明らかにした。

 同テレビは内務省スポークスマンの発言として、作戦は残りの人質を解放するため続行していると伝えた。

 別のテレビ報道によると、現在25人の人質が行方不明となっているという。

 イラクの当局者は前日、事件が起きた当初、100人以上が拉致されたとしていたが、その後政府スポークスマンは、事件から数時間後に20人が解放され、50人前後が人質になっていると発表していた。

 人質の大半が解放されたとの報道について、政府スポークスマンらのコメントは得られていない。

[バグダッド 15日 ロイター]

 (06/11/15 12:58)  





■関連文章
  • イラク政策、軌道修正の用意ある=米大統領首席補佐官(06/11/13)
  • APECでは北朝鮮に強いメッセージを=塩崎官房長官(06/11/13)
  • イラクのマリキ首相、包括的な内閣改造計画を発表(06/11/13)
  • ブッシュ米大統領、イラク政策で方向転換の可能性を示唆(06/11/10)
  • 米民主党指導部、イラク問題で超党派の会合開催をブッシュ大統領に要請(06/11/10)
  • 米国のイラク政策、うまくいっていない=ブッシュ大統領(06/11/09)
  • 日本の対イラク復興支援に変更はない=米中間選挙で安倍首相(06/11/09)
  • フセイン元大統領に死刑判決、シーア派住民殺害で(06/11/06)
  • 日本企業、ナシリヤでの油田開発に関心=イラク石油相(06/11/02)
  • 米国防長官に大統領任期満了まで続投を期待=ブッシュ大統領(06/11/02)
  • 核実験・拉致問題解決なければ、北朝鮮制裁解除せず=安倍首相(06/11/01)
  • イラク、多国籍軍の駐留延長を国連安保理に要請へ(06/10/31)
  • 米国の協力あればイラク軍は半年で治安回復できる=マリキ首相(06/10/27)
  • ブッシュ米大統領、イラク政権への支持を表明(06/10/26)
  • 米指揮官:イラクへ治安維持権限を移譲、18ヶ月内撤退可能(06/10/25)