現代人の健康に有益、「裸足歩行」

2007/04/13 21:15
 【大紀元日本4月13日】足うらの按摩法は、健康補助療法として、すでによく知られている。その理論根拠は、足うらには全身の各部位、各器官のツボがあるからだと言われている。この意味から言えば、裸足で歩けば、全身のツボが常に刺激され、健康によいことが理解できる。実際に、裸足で歩くことは、神経衰弱、不眠、うつ病などに特に効果的だと指摘したドイツの科学者がいる。

 この他に、裸足が健康に良いと言われるもう一つの重要な理由がある。旧ソ連科学院のミクリン院士(アカデミー会員)は、老化防止の方法として、「大地接触法」を提唱した。彼の理論では、地球と電離層の間には電界が存在しており、すべての生物がこの環境に適応して生きている。現代化した人類の生活様式は、負電荷に触れるチャンスが少なく、体内に陽電荷がたくさん蓄積してしまい、これによって、人間は病気にかかりやすくなった。これを解決するために、彼は1本の金属線の一端を足首につけ、もう一端をスチームの鉄パイプにつないだ。彼はこの方法を実践して90歳まで元気に生きた。

 物理学者と医学者の更なる研究は、ミクリン院士の理論を充実させた。物理学の角度から見れば、人体はまるで一つの発電所である。細胞は無数の発電機として、絶えず生物電気エネルギーを生産している。もし、人間の身体が閉鎖的な環境に置かれたら、体内の電気エネルギーは放出できず、静電気エネルギーとして蓄積されてしまう。この静電気の危害を防止するためには、人体と地面を接触させて余分な静電気エネルギーを放出させればよい。数千年来、私達の祖先はほとんど毎日素足で地面を歩いた。しかし、人々が靴を履くようになってから、体内の電気エネルギーのバランスが壊れ、静電気により体の健康に危害をもたらすようになった。

 「裸足で歩く」、こんな簡単な方法が、健康の一助になるならば、積極的に実践してみるべきだろう。

(珊久)


注目記事
^