国有大手石油企業、従業員が大規模抗議活動

2007/12/19 12:48
 【大紀元日本12月19日】大手国有企業・中国石油化学工業集団の山東省にある子会社では、数千人の従業員が物価の高騰により昇給を要求、連続8日間嘆願活動を行い、一時は本部ビルを包囲する抗議事件が発生した。12月10日には、依然数百人が集結、大勢の警官と対抗していた。会社側が従業員の要求を拒否しているため、事態が拡大する可能性があるという。

  現地の情報筋によると、12月3日から、山東省淄博市にある齊魯石化工場では、数千人の従業員が会社ビルの前に集結、昇給を求める内容の横断幕を掲げ、嘆願活動を行った。

  従業員の主張によれば、会社の経営状況が非常によく、純利益が毎年増加する中、従業員の給料は10年間にわずか100元(約1500円)しか昇給せず、年収は1万元(約15万円)しかないのに対し、幹部の年俸は40数万元(約700万円)を上回り、その格差は40数倍である。特に最近では、物価が高騰しているため、従業員の生活は非常に苦しいという。

  情報提供者によると、抗議に参加する人数は最初の約500人から一時は4千人に達した。抗議者らは座り込みの方式で理性的な行動を取り、代表を選出して会社側との話し合いに当たったが、会社側は昇給の要求を拒否した。そのため、従業員らは興奮してしまい、一部の人は会社ビルに強行突入を試みるなど、現場は一時的に緊張していた。その後、数百人の公安警察が現場に派遣されたが、双方が平行線のままで解決の糸口が見つかっていないという。

  齊魯石化工場は国有の大手石油化学工業のメーカーである。「中国石化城」と称されるほど、中国の業界の重鎮である。工場の敷地面積は22平方キロメートルに達し、石油精錬と化学繊維製造の大型近代化企業である。

 
(翻訳・叶子)


関連記事
注目記事
^