印刷版   

中国6番目の淡水湖、汚染により水草大量繁殖

 【大紀元日本8月9日】中国雲南省最大の湖、中国六番目の淡水湖である滇池は水汚染により、水中の栄養分が激増、ウキクサなどが大量繁殖している。

 8月5日、現地では、ウキクサの駆除作業が行われた。一日にて50トンのウキクサを揚げ、うち、水瓢、藍藻、コケなども多く含まれているという。

 昆明市滇池管理局漁業行政執法所の王勇・所長は、「このペースでいけば、8月中旬までに、ウキクサの大量繁殖をある程度制御できる」としている。


 
(翻訳・編集/叶子)


 (08/08/09 10:40)  





■関連文章
  • 大雨後、河川が真っ赤に変色=中国広州市(08/08/08)
  • 五輪開催直前、大気汚染指数が正常値にならず=北京(08/08/07)
  • 重慶市:イナゴ駆除で水源汚染(08/08/04)
  • 北京:大気汚染改善ならず、選手団防塵マスク大量持参(08/07/30)
  • 中国雲南省昆明市:3度目のバス爆発事件発生(08/07/29)
  • 昆明市バス爆破事件でテロ声明、ねつ造の可能性=欧州ウイグル団体(08/07/29)
  • 雲南省昆明市:連続バス爆発事件、専門家は五輪警備の限界性を指摘(08/07/23)
  • 北京五輪目前、相変わらず北京の空は土曇り(08/07/18)
  • 中国各地で大雨:南部の昆明は空港で魚捕獲、北部の鄭州は浮き輪で街へ(08/07/14)
  • オリンピックまであと30日 北京の大気汚染は基準を5倍超過(08/07/09)
  • 五輪期間、北京市の車両を半減(08/06/22)
  • 豪州五輪陸上選手ら、大気汚染で開会式不参加表明(08/06/18)
  • 北京:大気汚染指数、「高度危険レベル」示す(08/05/29)
  • 四川大地震:被災地ダム決壊恐れ、防疫も急務(08/05/20)
  • 米国の国鳥ハクトウワシから危険なレベルの化学物質(08/05/13)