印刷版   

チベットで地震発生、30人以上死亡

 【大紀元日本10月7日】チベットラサ市の当雄県で10月6日、マグニチュード6.6の地震が発生、震源地の格達郷では、30人以上の死亡が確認されている。数百軒の家屋が倒壊し、生き埋めになっている住民がいるという。

 中国国内メディアによると、地震は6日午後16時30分に発生(現地時間)、発生地はチベット自治区ラサ市当雄県(北緯29.8度、東経90.3度)、震度はマグニチュード6.6。

 震源の深さは8キロ、震源地はラサ市から82キロ、シガツェ市からは150キロ。震源の深さは33キロ。

 現地に派遣した地震局の調査員によると、地震発生時、カシュガル市などの周辺地域でも揺れを感じた。

 地震発生当時、ラサ市も強い揺れを感じた。チベット地震局はすでに調査チームを現地に派遣したという。

 米国地質調査所によると、ここ数週間、現地では、すでに数回の軽い地震が発生した。

 そのほか、中国北西部の新疆ウイグル自治区の烏恰県で5日と6日、二度にわたりマグニチュード6.8級の地震が発生、その後もマグニチュード5.7級の地震があった。震源地は県の南西部約110キロの地点にある。死傷者の報告は今のところない。

 
(翻訳・叶子)


 (08/10/07 08:04)  





■関連文章
  • 死後19日経った高僧の肉体に体温(08/10/07)
  • 新彊ウイグル自治区でM6.8の地震発生(08/10/06)
  • チベット・ラサ市:園児十数人が腎臓結石(08/10/06)
  • スカイプ中国合弁企業、チャット監視・記録(08/10/05)
  • チベット自治区、上層幹部の人事異動(08/10/05)
  • チベットで肺ペスト発生2人死亡(08/10/02)
  • 四川大地震被災地、集中暴風雨で被害甚大(08/09/28)
  • 温家宝首相訪米:多数の抗議団体、中国国内の迫害停止呼びかけ(08/09/27)
  • 中国四川省震災地:数十年以来の暴風雨、死者9人負傷者340人(08/09/26)
  • 米人権議員連盟、北京五輪後の中国の人権侵害に注目(08/09/21)
  • 独誌「フォーカス」、新華社に誹謗中傷報道の撤回求める(08/09/18)
  • アジア地域で強い地震が連続発生(08/09/13)
  • 甘粛省と陝西省境でM5・5の地震発生(08/09/13)
  • 続く異常現象、津波発生恐れ住民6割が移転=中国海南省(08/09/12)
  • 四川大地震初、2人の孤児が養子に(08/09/09)