印刷版   

遼寧省撫順市「蟻力神」事件被害者「血涙姉さん(ペンネーム)」2007年11月末に手首を切り自殺を図った。病院へ運ばれ応急措置が施されて一命を取り止めた

「蟻力神」投資金流用事件被害者、飛び降り自殺=中国遼寧省

 【大紀元日本1月13日】2年前、中国遼寧省政府が応援し、中国国内で企業賞など各種賞を授与された「蟻力神」天璽グループ(以下、「蟻力神」グループ)が突然破産宣告したために、このグループが募った蟻の養殖活動に投資した約130万戸の農民たちの元金は泡のように消えた。当時、蟻養殖に投資した「血涙姉さん」と呼ばれる農民は、「蟻力神」グループが倒産を宣告したのち2度にわたり手首を切り自殺未遂した。2年経っても、省政府は未だに問題解決に取り組んでおらず、農民は生活の術がなく、落胆した末、自宅の3階から飛び降り自殺した。自宅には13歳の息子と老母が残された。

 9日、「血涙姉さん」の自宅を訪ねた「蟻力神」事件の年配被害者は本紙の取材に応じ、当時地元の警察関係者が「血涙姉さん」の自宅を厳重に包囲し、第3者を自宅内に入れないようにしたという。また、遺体はすでに火葬場へ移送したと告げられた。年配被害者は、省政府が「血涙姉さん」を絶望的な状況に追い込んだことを訴えた。

 情報筋によると、「血涙姉さん」は3年間で家族全員と共に約100万元(約1300万円)を蟻の養殖に投資したという。「蟻力神」グループは政府に操られ破産させたために、130万戸の農家は利益どころか元金も還ってこなかった。その上に、被害者たちは省政府に圧力を受け、生活の術を失ったために、命を絶った人は数えきれないほどだという。

 *「蟻力神」事件

 「蟻力神」グループは養殖農家が投資した保証金を抑え流用した非合法資金調達企業であるにもかかわらず、商務部が最初に発行する直営営業許可を所有し、当局政府が主導したメディア宣伝が頻繁に行われた。さらに、「蟻力神」グループの社長・王奉友は全国商会副会長を務め、「正月親睦会」にも出席した人物。同グループは遼寧省政府の支援下に合法的に8年間も業務を行い、抱えた養殖農家は130万戸を超え、被害額は400億元以上(約5200億円以上)とみられている。

 「蟻力神」グループは2007年11月に遼寧省政府に破産宣告され、王奉友は逮捕・監禁された。当時の遼寧省長・薄熙来は「蟻力神」グループに、「慈善事業に優れた貢献企業賞」など数多くの賞を授与し、王奉友氏も「2006中国民営企業産業リーダ人物」賞などを受賞した。

 
(記者・方暁、翻訳編集・余靜)


 (09/01/13 08:54)  





■関連文章
  • 世界金融危機の影響、各国大富豪の自殺相次ぐ(09/01/12)
  • 中国産ザリガニ26コンテナ分、米国で通関差し止め(08/12/28)
  • 中国社会科学院白書:深刻な就職難、社会不安増大(08/12/19)
  • 北京市政府前、再び千人が集団抗議(08/12/05)
  • 豪州に厖大な中国工作員ネットワーク=元国家諜報員(08/12/05)
  • ニュージーランド酪農大手:中国投資、全額回収不能の見込み(08/11/30)
  • 中国長者番付トップ逮捕、投資危険性が再浮上(08/11/30)
  • 中国経済活性化法案、長期発展の時限爆弾=国内経済学者(08/11/21)
  • 中国大陸産養殖魚用飼料から基準値以上のメラミン=香港(08/11/13)
  • メラミン汚染問題、中国の全養殖業に波及(08/11/07)
  • 香港トップ企業、投資活動一時凍結(08/10/29)
  • 中国湖南省:不正融資抗議の民衆、再び抗議活動(08/10/02)
  • 中国汚染ミルク事件:日本、韓国などのアジア諸国にも拡大(08/09/21)
  • 新華社の台湾人中国参政報道、台湾政界が否定(08/09/20)
  • 中国有毒粉ミルク事件、公表遅延に非難集中(08/09/16)