印刷版   

今回新たに発掘されたミイラ、色鮮やかな絵画が注目されている(AFP)

色鮮やかなミイラ発掘=エジプト

 【大紀元日本4月19日】エジプトの考古学者はこのほど、首都のカイロ市南部のファユムリュ州で古墳から、数十体のミイラを発見した。胴体には明るい絵画、図案などの装飾が刻まれている。研究の結果、これらのミイラは4千年前のものであることがわかった。

 エジプトの古文物最高管理委員会は4月12日、同国の考古学者が53の古墳から数十体のミイラを発見したことを公表した。最も古いものは紀元前2061年から1786年の中王国時代に溯る。情報によると、古墳はカイロ市南部のファユムリュ州イラフン・ピラミッド付近にある。

 同委員会のハワス事務長によると、リネンで包まれたミイラの胴体には、古代エジプトの伝統の色彩---トルコ石の色、赤褐色と金色が塗られ、いまだに色鮮やかである。これらのミイラはこれまでに発掘できた最も綺麗なミイラであるという。

 考古学者によると、今回発見されたミイラのほか、古墳からは中王国時代の、神壇がある葬式場も発掘された。その歴史は紀元前30年から337年のローマ時代に溯る。また、鮮やかな絵が書かれているお面、守り札、陶の器も発見した。
発掘されたミイラ(AFP)


 
(翻訳・叶子)


 (09/04/19 00:50)  





■関連文章
  • イスラエル駐日大使、ハマスを糾弾(09/01/22)
  • エジプト女児、鳥インフルに感染(09/01/14)
  • 4300年前のピラミッド発見、テティ王の母親の墓か=エジプト(08/11/19)
  • 4500年前のファラオの葬船が発掘される=エジプト(08/07/23)
  • 観光バスが横転、9人死亡30人負傷=エジプト(08/05/03)
  • トラック正面衝突で23人死亡=エジプト(08/03/17)
  • 孔子を描いた漢代彩色壁画を発見=山東省(08/01/22)
  • 神秘の白砂漠=エジプト(07/09/26)
  • モスクワの民家で絵画13点盗まれる、スーラなど数億円相当(07/07/12)
  • エジプトでミイラをDNA鑑定、古代王の可能性(07/07/04)
  • IMF、為替政策の監視基準を強化(07/06/19)
  • モスクワ、地下鉄移動画廊が出現(07/06/12)
  • エジプト:鳥インフルエンザ、再び人感染例発生(07/04/07)
  • ピラミッドは「内側から作られた」=仏建築家が新説(07/04/02)
  • エジプト・インドネシア:鳥インフルエンザH5N1型の感染者が続出(07/03/13)