印刷版   

「婿養子」が多い甘粛省康県

 【大紀元日本5月23日】父系社会の中国では、伝統的に女性が男性の家に嫁ぐ。ところが、甘粛省康県では、男性が結婚すると女性の家に入る、いわゆる「婿養子」の形が主流だという。

 中国人の男性が女性の家へ嫁ぎ、男性が自分の姓を変えない場合、彼は通常「倒插門(Dao Cha Men=入り婿になる)」と呼ばれる。一方、康県では、男性は婿養子になると、自分の名字と名前を変えてしまう。このような男性は、地元で「当娃(Dan Wa)」、または「包儿子(Bao Er Zhi)」と呼ばれ、義理の家族から大事にされるのだ。

 包儿子のための結婚式は、とても盛大だ。新妻の家族は豪華な食事を整え、新しい息子のために高価なプレゼントを用意する。

 甘粛省の陽壩(Yang Ba) は美しい場所であるだけでなく、そこに住む女性も可愛らしく、気立てもよいと評判だ。たくさんの男性がこの地にやってきて、陽壩の女性と結婚し、喜んで姓を変えるという。

 康県の「県誌」によれば、19世紀、太平天国の乱を起こした兵士たちが清朝軍に打ち負かされ、その一部が命からがらこの地に逃げてきたという。彼らは散り散りになり、名前を変えて地元の女性と結婚し、清朝軍の追っ手を逃れることができた。これが「倒插門」の始まりであり、現在までその慣習が受け継がれている。

 
(翻訳編集・田中)


 (09/05/23 13:26)  





■関連文章
  • 中国甘粛省当局、無抵抗の農民を武力弾圧(08/11/22)
  • 中国甘粛省:5万人大規模抗議、当局の弾圧で死者多数(08/11/20)
  • 有毒粉ミルク事件、浮上する報道規制問題=李大同(08/10/05)
  • 甘粛省と陝西省境でM5・5の地震発生(08/09/13)
  • 乳児14人が結石 粉ミルクが原因か=中国甘粛省(08/09/12)
  • 甘粛省=暴雨災害により4人死亡(08/08/23)
  • チベット抗議活動が北京に飛び火、中央民族大学で抗議集会(08/03/20)
  • 「ゴーストタウン」のラサ、 夏河ではラマ僧が再びデモ(08/03/17)
  • 中国甘粛省:ダライ・ラマ支持スローガンで、中高生逮捕・拘禁(07/09/23)
  • 運動会で水素気球爆発、負傷者70人=中国甘粛省(07/09/20)
  • 中国甘粛省:蘭州商学院で学生と警察が衝突(06/09/24)
  • 中国甘粛省: 製錬工場汚染、村民2000人鉛中毒(06/09/07)
  • 甘粛省:口蹄疫が再度流行(06/06/27)
  • 中国甘粛省:地元農民が裁判所で自爆、現地高官4人が死亡(06/01/08)