印刷版   

ラスムセン首相はダライ・ラマと手を取り合い、首相官邸に入った(Getty Images)

デンマーク首相、ダライ・ラマと会談

 【大紀元日本6月3日】デンマークのルッケ・ラスムセン首相は5月29日、同国を訪れているチベットの精神指導者ダライ・ラマ14世と会談した。この非公式会談に抗議する中国当局に対し、同国の議員は、経済の力を悪用する中国当局の傲慢さは目に余るもので、屈するべきではないと非難した。この会談について、中国外務省は翌30日、デンマーク政府に対し「両国の友好協力の雰囲気を破壊した」と強い抗議を示した。
会談に臨むラスムセン首相とダライ・ラマ(Getty Images)
ラスムセン首相に白いスカーフを贈るダライ・ラマ(Getty Images) 


 73歳のダライ・ラマはデンマークの人権組織「チベット慈善協会」の招待を受け、5月29日から31日までにデンマークを訪問した。首相官邸でのラスムセン首相との会談終了後に、同首相はメディアに対し、これは非公式な個人会談であると述べ、ダライ・ラマは非常に魅力的な人格の持ち主であると評した。ダライ・ラマも会談終了後の記者会見で、「今回の会談は非政治的で、精神と教育に関するものである」と説明した。

 ダライ・ラマは長年来、中国当局によるチベットの統治について、非暴力主義を訴え続け、チベットの独立ではなく、中国当局とチベットの間に折り合いの道筋を求め続けている。その姿勢が評価され、1989年はノーベル平和賞を受賞した。

 そのようなダライ・ラマに対し、中国大使館は記者会見を開き、相変わらず同氏を「国家分裂主義者」であると非難し、今回の会談に反対する姿勢を予め強調。会談の翌日、中国外務省の秦剛・報道官は、チベット問題は中国の内政であることを主張し、「外国政府高官によるダライ・ラマとの接触には、いかなる形式においても断固反対する」と強い抗議を示した。

 デンマーク駐欧州議会の議員マグレト・オーケン氏は中国当局のこの行動について、こう評した。

 「いま、中国当局は世界経済への影響を自負して、大国の傲慢さを思う存分に露呈している。その人権状況が非難されると、例えは、チベットの問題が指摘されると、すぐに経済的圧力を講じてくる。オランダ政府はそのやり方に遭い、ダライ・ラマとの会談を取消した。中国当局のこの種の横柄な行為を反対しなければならない。そのため、欧州連合は一貫な立場を守るべき」。

  
(記者・林丹、翻訳編集・叶子)




 (09/06/03 07:52)  





■関連文章
  • ダライ・ラマ、中国の洗脳教育を語る「中共入党まで考えていた」(09/05/09)
  • 欧州議会副議長、「臓器狩り」記者会見=英国(09/05/08)
  • 拡大するハッカー攻撃、大半が中国から(09/04/15)
  • ダライ・ラマ14世インド国籍取得、宗教への包容性を提起(09/04/07)
  • 中国大型スパイ・ネット、103カ国に侵入(09/04/01)
  • チベット弾圧1周年、世界各地で抗議活動(09/03/17)
  • ダライ・ラマ14世:昨年のチベット暴動、中国警察の自作自演(09/03/09)
  • 中国当局の情報封鎖に抗議、欧州議会が新唐人TV支持の声明文(09/01/17)
  • 休み時間の16カ国調査、ネットに費やすのは中国人がトップ(09/01/11)
  • サルコジ仏大統領、ダライ・ラマと会談(08/12/10)
  • ポーランド首相、ダライ・ラマとの会見に積極姿勢(08/12/01)
  • 若きカルマパ17世、ダライ・ラマ後継者最有力候補(08/11/26)
  • 中国統一戦線部チベット局長が免職処分(08/11/23)
  • 亡命チベット人大会、独立主張する若い世代(08/11/22)
  • チベット亡命政府、独立路線示唆(08/11/20)