印刷版   

温家宝首相。9月10日の大連での演説では「中国経済の回復は不安定、不確実、不均衡」と指摘(GOH CHAI HIN/AFP/Getty Images)

温首相、8月の景気回復基調に慎重論

 【大紀元日本9月14日】中国国家統計局は11日、8月の経済指数を発表した。工業生産は前年同月比で12・3%増となり、1年ぶりの高い伸び率を記録、固定資産投資額も4,104億人民元で7月より15・1%伸びている。この数字から、中国経済は8月に回復基調を強めた、というのが一般的な経済学者の見解だが、温家宝首相は、国家統計局の好調な数字を楽観的には解釈していないようだ。

 中国新華社11日の報道によると、温家宝首相は10日、中国・大連で開催された夏季ダボス会議の開幕式での演説の中、「中国経済の回復は不安定、不確実、不均衡である」と指摘し、中国経済回復の兆しについて慎重に論じた。

 中国政府の目標について、GDP成長率8%の達成は「実現できる」としながらも、世界経済に不確定要素が多く、輸出依存の中国経済の国外需要が大幅に落ち込んでおり、国内消費の拡大も困難であることに言及し、これらの調整が極めて難しいことを認めている。

 また、インフレなどのリスクについても警告し、「一部の刺激政策の効果は削減した。長期政策の結果が出るまでには時間がかかる。経済の緩やかな発展を維持することが第一の課題である」と表明した。

 国家統計局が発表した数字では、8月の輸出入額は、7月比でともに3・4%と1%の伸び率だが、昨年同期比では、輸出は23・4%、輸入は17%の減少となり、予測を大きく下回っている。

 中国国家統計局は7月、今年上半期のGDP成長率は8%に達したと発表したが、8月に、中央と地方の総額発表値に格差があることが国営新華社で異例報道されており、8%の成長率に水増しの疑いがあるのでは、と論議を呼んでいる。

(報道・肖シンリ)

 (09/09/14 05:00)  





■関連文章
  • 中央政府、江沢民主義を清算開始か(09/08/21)
  • 株価暴落、先行き不透明な中国経済(09/08/19)
  • 中国経済:バブル膨張、政策決定層黙認の結果(09/08/17)
  • 平均年収の差が55倍に、中国、貧富格差が拡大(09/08/01)
  • 中国の経済刺激策に新たな問題(09/07/14)
  • IMF:アジア全体成長率下方修正、景気回復は長い道のり(09/05/12)
  • 何清漣:中国は本当に世界を救うことができるのか?(09/03/05)
  • 外資撤退激化、中国経済に大打撃(09/01/13)
  • 経済発展の鋭剣が自身に振りかかった中共(09/01/11)
  • 厳冬の中国経済(08/12/30)
  • 何清漣:中国の経済危機、五輪前に露呈(08/11/03)
  • ホット・マネーに翻弄される中国経済(08/09/05)
  • 五輪後の中国経済、景気減速の兆し(08/08/26)
  • 米サブプライムローン問題、中国経済にも大きなダメージ  (08/07/24)
  • 中国第2四半期のCPI上昇率は7・8%=北京大学中国経済研究センター「朗潤予測」(08/05/03)