ベトナム首相、ASEAN中「中国船衝突は平和に対する脅威」と非難

2014年05月13日 12時39分
【大紀元日本5月13日】緊張高まる南シナ海の係争海域でのベトナム中国の衝突について、ベトナムのグエン・タン・ズン首相は国際的に中国を批判するよう働きかけている。

 7日に中国の海底油田掘削装置を護衛する複数の中国船がベトナムの巡視船に放水砲や体当たりなどの攻撃的行為を繰り返した。これについてベトナムの首相は東南アジア諸国連合(ASEAN)本会議期間中、中国代表者を呼び出し、中国の油田掘削作業は国際法に違反していると非難し「非常に危険で、安定性、保安を脅かす平和に対する直接的な脅威」と抗議したという。

 またズン首相は同国との係争地域で活動する深海掘削船は80隻もの装甲船と軍用船舶を使用していると指摘し、7日の攻撃的行為によりベトナム船の船員が負傷したことを伝えた。さらに首相は他のASEAN諸国関係者個人とも同国への支持を集めるために交流し、中国の行動に反対するよう促しているという。

 同氏の公式ページには「平和へのベトナムの働きかけを中国は戦争で答えた」等の中国を非難するスローガンが見られる。同国国内では中国大使館前をはじめ、反中国デモが起こっている。また世界的ソーシャルネットワークサイト、Facebookではベトナム語で次々と反中姿勢を示すグループが立ち上がっている。

 ベトナム公開映像では「衝突は中国から」中国は否定

 中国当局は、ベトナム巡視船に中国の船が放水したことは認めたが、軍用船舶の使用を否定している。中国外務省の易先良・国境海洋事務局副局長は、ベトナムから衝突したと主張している。

 中国の海底油田掘削装置は同国国営・中国海洋石油(CNOOC)が5月4日に設置した。ベトナムから120海里離れた、同2カ国を含む6カ国が領有権を主張する係争地域だ。仏AFP通信などによれば中国とベトナム側の艦船は今月3点xun_ネ降、複数回にわたって衝突し、中国側が放水でベトナム艦船の接近を阻止している。

 ベトナム政府は中国船からの放水や衝突してくる様子を捉えた映像を10日までに外国報道機関に公開している。

 中国船がベトナム船へ衝突する映像(ベトナム政府提供/Vietnam.net)

 映像には、中国が派遣した海洋警察局の船がベトナム沿岸警備隊の船を追い、体当たりする様子や、放水などの意図的な攻撃的行為が繰り返される様子が収められている。また側面をえぐられるように損傷したベトナム船の状態や、負傷したベトナム船員が手当を受ける様子も映っている。またベトナム船員によると中国側は海洋警察局の船の他、航空機も使い上空で警備していたという。

 中国当局は、事故後も同地域での海底油田掘削作業を続けると、依然として強硬な姿勢を示している。

(翻訳編集・佐渡 道世)


関連キーワード
^