2015年、中華圏に最も人気の旅行先は日本 不動産購入目的も

2015年01月08日 15時48分
【大紀元日本1月8日】中国や香港など中華圏に最も人気の高い海外旅行先は日本であることが明らかになった。旅行意識・動向調査を実施した企業によると、円安により日本の不動産購入目的の中国人訪日客も増加しているという。

 旅行情報メディアのトラベルズー(Travelzoo)アジア・パシフィックは、日本と中国本土、香港、台湾、オーストラリアの5カ国と同地区在住者で同社登録会員4322人が、世界44の国と地域から選んだ「行きたい旅行先」を発表した。日本は40%でトップ、次いで米国が31%、ニュージーランド27%で3位。中華圏では5割が訪日旅行を望んだ。

 回答者の内訳は日本837人、香港920人、中国912人、台湾685人、オーストラリア968人。同調査では2014年も日本が1位だった。

 円安効果が訪日旅行に拍車をかけた。日本円は中国元に対して約10%下げた。「円安の効果により、中国人観光客は買い物だけでなく不動産購入も目的にしているケースもある」と、同社中国事務所代表ビビアン・フォン氏はウォール・ストリート・ジャーナル紙に答えている。

 岸田外務大臣は、中国人向けビザ発給要件の緩和を今月19日から開始することを明らかにしている。所得制限の引き下げや、有効期限を3年から5年に延ばすことが決定している。政府観光局(JNTO)の推計によると、2014年1月~11月までの訪日中国人客の数は前年比82.2%増の221万9300人に達した。

 2014年の訪日外客数は1400万人。政府は2020年までに2000万人、2030年までに3000万人まで拡大するとの目標を掲げている。

(翻訳編集・佐渡 道世)


関連キーワード
^