THE EPOCH TIMES
トップ 一帯一路
一帯一路
2016年8月、キルギスタンの中国大使館で、自爆テロが発生した(VYACHESLAV OSELEDKO/AFP/Getty Images)
「中央アジアで腐敗を増長」露メディア、一帯一路を異例の批判
2018.08.08
漁をするスリランカ市民スリランカ(LAKRUWAN WANNIARACHCHI/AFP/Getty Images)
一帯一路   中国紙、債務外交批判で日本に矛先 専門家「日本と中国は違う」
2018.07.17
ドイツ拠点の中国研究シンクタンクの作成した一帯一路に関するプロジェクトを示す地図(The Mercator Institute for China Studies)
暗雲立ち込める巨大構想   中国で「一帯一路」報道自重ぎみ 評判振るわず
2018.07.05
オーストラリアの首都キャンベラにある中国大使館(AFP/GettyImages)
浸透工作   豪州TVへ中国大使館から怒りの電話 放送中止要求、TV側「応じない」
2018.06.25
グリーンランド西北部にあるチューレ空軍基地(米国空軍)
一帯一路   グリーンランドに3空港開発 デンマーク政府、中国企業の排除示唆
2018.06.20
スリランカ政府は負債過多により、ハンバントタ港の運営権を中国に99年契約で譲渡(LAKRUWAN WANNIARACHCHI/AFP/Getty Images)
一帯一路、毎年5000億米ドルの資金不足=中国政府シンクタンク
2018.04.17
国際通貨基金(IMF)のクリスティーヌ・ラガルド専務理事(ISAAC LAWRENCE/AFP/Getty Images)
IMF専務、中国の一帯一路「債務が多すぎ」と指摘
2018.04.13
チリの海底および地上の光ケーブル通信事業を請け負う。2018年1月、米ラスベガスで開かれた技術見本市に出展した、中国IT大手ファーウェイ(MANDEL NGAN/AFP/Getty Images)
ファーウェイ光通信網   「アフリカは第二の中国、中南米は第三の中国に」紅いカネに懸念強まる
2018.03.03
政情不安定のため、2月5日に非常事態宣言が出されたモルディブ。写真は21日、野党支援者が警察に連行される様子。(AHMED SHURAU/AFP/Getty Images)
一帯一路   中国色が濃くなる「インドの裏庭」手をこまねくニューデリー
2018.02.28
2018年2月2日、モルディブの港湾都市マレに建設されている「中国モルディブ友好の橋」(GettyImages)
一帯一路   政情不安定なモルディブに中国資本 元大統領は「植民地化だ」と批判
2018.02.28
 2月22日、オーストラリア政府当局者は、米ワシントンで今週予定されているターンブル豪首相とトランプ米大統領の首脳会談で、中国の勢力拡大や環太平洋連携協定(TPP)が議題となる見通しだと明らかにした。写真は1月、来日時の同首相。首相官邸で。代表撮影(2018年 ロイター)
豪首相、米大統領との首脳会談で中国やTPP協議へ=当局者
2018.02.22
日米豪印、「一帯一路」代替案を検討 米豪首脳会談で協議へ=豪紙
2018.02.19
日本政府に国際バルク港に指定され、国際的な商業港として開発が進む北海道の釧路港。中国政府による北極政策が発表され、北極海航路「氷上のシルクロード」においてさらに中国当局が開発等に力を注ぐことが見込まれる(irisgazer)
一帯一路   北海道の開発含む 中国「氷上のシルクロード」東京ですでに説明会
2018.02.15
中国主導の経済サミット「一帯一路」が北京で2017年5月15日、16日に開かれた。会場外(Getty Images)
英首相、「一帯一路」共同文書に署名せず 中国の「欧州分断工作」に広がる危機感
2018.02.05
一帯一路の開発地となるパキスタン北部。写真は2017年2月撮影、伝統行事のために準備を進める地元住民(GOHAR ABBAS/AFP/Getty Images)
一帯一路、中国から労働者流入、宗教紛争タネに…パキスタン住民に広がる不安
2018.01.16
 10月24日、中国共産党大会が承認した党規約の改正案には、習近平総書記(国家主席)の巨大経済圏構想「一帯一路」の推進が盛り込まれ、驚きを誘った。写真は共産党大会の閉会式に出席する代表者ら(2017年 ロイター/Thomas Peter)
中国共産党、「一帯一路」の規約挿入に驚きの声
2017.10.25
朝鮮半島の緊張緩和策として、米中は「アメとムチ」政策を講じているとみられる。4月、フロリダ州にあるドナルド・トランプ米大統領の別荘で米中首脳が会談(JIM WATSON/AFP/Getty Images)
緊迫の朝鮮半島   ギリギリの圧力と条件付き接触 米中の対北朝鮮「アメとムチ」政策
2017.09.10
スリランカ、中国「負債トラップ」が露呈し、深刻な財政難に陥っている。写真は2015年2月、中国資本で建設されたハンバントタ港(LAKRUWAN WANNIARACHCHI/AFP/Getty Images)
一帯一路   スリランカ、中国「負債トラップ」が露呈 財政難に
2017.07.31
中止や延期が相次ぐ、中国の高速鉄道計画。2017年5月、重慶で清掃中の高速鉄道の車両(STR/AFP/Getty Images)。
一帯一路   中国の「高速鉄道外交」、中止や延期が相次ぐ
2017.07.22
2017年6月、カザフスタン人の住まう中国新疆ウイグル自治区伊宁市で、テントを背景に振り向く少女(Wang He/Getty Images)
臧山コラム   民族問題から見る「一帯一路」の難しさ
2017.07.15
中国とインド間の国境で、緊張が高まっている。両国国境近くの兵士たち(AFP/Getty Images)
中印関係   中印ブータン間の国境で緊張高まる 兵士3000人が対峙
2017.07.03
中国資本の長距離鉄道SGRが5月31日に開通、巨額債務かかえるケニア(TONY KARUMBAAFPGetty Images)
一帯一路   中国資本の長距離鉄道が開通 巨額債務かかえるケニア
2017.06.19
6月13日、イスラム国(IS)に占拠されたシリアのラッカで、難民キャンプにいる少女(DELIL SOULEIMAN/AFP/Getty Images)
カタール断交から過激派組織まで   一帯一路の落とし穴 中東リスク、非効率な中国の投資
2017.06.15
カタールのドーハにあるハマド国際空港で6月11日、フライト情報を掲示する電光掲示板と通行人(KARIM JAAFAR/AFP/Getty Images)
危険なシルクロード   カタール断交、中東の不安定浮き彫り 「一帯一路」リスク鮮明
2017.06.14
5月15日、中国政府主導のサミット「一帯一路」の会場外で、参加者をまつメディア(Thomas Peter - Pool/Getty Images)
情勢不安定な参加国が多い「一帯一路」、利益回収は難しい=海外メディア
2017.05.26
「一帯一路」サミットが開かれた北京の雁栖国際センター周辺で警備する保安スタッフ(NICOLAS ASFOURI/AFP/Getty Images)
元の国際化狙う中国   実は規模の小さい「一帯一路」、投資規模は対外投資総額の9%=海外専門家が分析
2017.05.25
フィリピンのドゥテルテ大統領と中国の習近平主席は、北京で開かれた経済サミット「一帯一路」で握手をかわす(Roman Pilpey-Pool/Getty Images)
南シナ海   中比首脳会談、南シナ海問題で火花 中国「軍事行動も辞さない」
2017.05.23
中韓関係   中国、韓国観光やKポップの規制緩和 THAAD報復措置が徐々に解除
2017.05.18
「一帯一路」サミット閉幕、各国の思惑相違、投資の透明性、人権など課題残る。2日目、会議場までの廊下を歩く中国外交部長・王毅氏(Jason Lee-Pool/Getty Images)
「一帯一路」サミットに課題残る 非難される北朝鮮の出席、インドの参加拒否(2)
2017.05.17
中国主導の経済サミット「一帯一路」が北京で5月15日、16日に開かれた。円卓会議に参加している(左から)ロシアのウラジーミル・プーチン大統領、中国の習近平国家主席、アルゼンチンのマウリシオ・マクリ大統領(LINTAO ZHANG/AFP/Getty Images)
「一帯一路」サミット閉幕、各国の思惑相違、投資の透明性、人権など課題残る(1)
2017.05.17
^