THE EPOCH TIMES
平昌オリンピック

「悪魔のプロパガンダに騙されないで」米コラムニスト、北の女性応援団の工作に警鐘鳴らす

2018年02月16日 10時00分

米紙ヘラルド・サンのコラムニスト、リタ・パナヒ(Rita Panahi)氏は14日、同紙に「北朝鮮の悪魔のプロパガンダにのせられてはいけない」との強い警告的なメッセージを含む文章を載せた。

リタ氏はCNNやニューヨーク・タイムス、ワシントン・ポストなどが北朝鮮の金正恩政権により派遣された女性応援団について、独裁体制の残忍さを描くことなく取り上げていることについて批判した。

「北朝鮮は世界で最も堕落した、独裁体制の国だ」「超法規的な殺人、身の毛もよだつ公開処刑と見せしめ、拷問、飢餓、奴隷制、性的暴行、強制中絶…これらのことはこの独裁国家が侵している人道犯罪だ」。厳しい言葉とともに、リタ氏は、国連人権委員会の2014年の400ページもの調査報告のなかにある、強制的に腹部を切開された妊婦や殺害された新生児の事例について掲げた。

「あの女性応援団の姿や、金正恩の妹である金与正について取り上げる記事を見たら、このことを思い出してほしい」と警鐘を鳴らした。

合わせて読みたい:火炎放射器、毒殺、犬の餌にされる…金正恩の無慈悲な処刑法

外交の金メダルを狙う北朝鮮

オリンピック開幕前、トランプ大統領が北朝鮮の金正恩政権に対して「すべての選択肢がテーブルにある」と述べ、核ミサイル開発を続ければ軍事行動もいとわないとの姿勢があらわにしていた。2月14日、安倍首相は官邸で記者団に対して、大統領との1時間以上の電話会議のなかで、日米は北朝鮮政権に対する圧力継続を改めて確認し、対話ならば非核化を前提としたものでなければならないと意見を交わしたことを明かした。

合わせて読みたい:日米電話会談、北朝鮮の非核化どう実現するか議論=菅官房長官

いっぽう、ロシアのプーチン大統領は1月、北朝鮮の金正恩・委員長について「やり手の成熟した政治家」であり、同国の核・ミサイル開発を巡る欧米諸国との対決に勝利していると評している。

ロイター通信も12日付の記事で、北朝鮮が平昌オリンピックで狙うのは「外交の金メダル」だと、韓国の元政府高官らの話を引用した。北朝鮮が、米国と同盟関係にある日本と韓国の間に亀裂を生じさせ、制裁と圧力の緩和に、五輪を利用していると専門家は指摘している。

「やり手」と評価される金正恩政権が、北朝鮮に対する日米の警戒心を緩和させるために派遣したのが「北朝鮮女性応援団」だ。

美女を使ったプロパガンダを好意的に取り上げるメディア

関連キーワード

関連特集

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^