THE EPOCH TIMES

米国産大豆積んだ貨物船が大連入港、中国沖到着から1カ月強経過

2018年08月13日 13時39分

[北京 12日 ロイター] - トムソン・ロイター・アイコンの海運データによると、大豆を積んでいる米国からの貨物船1隻が11日、中国沖に到着してから1カ月強経過後に初めて大連港に入港した。

この貨物船は米国産大豆7万トンを積んだ「ピーク・ペガサス」。中国政府が大豆を含む米国産品340億ドル相当に25%の高関税を課した直後の7月6日に中国沖に達していた。

最新のデータによると、ピーク・ペガサス号は12日朝、大連港区域に停泊している。

大連港への入港は荷降ろしが間近であることを示唆しており、新たな高関税が課される最初の米国産大豆の1つとなる可能性がある。事情に詳しい関係筋によると、積み荷の買い手は中国政府系の穀物備蓄企業「中儲糧」だという。

米国産大豆を積んでいるその他2隻「スター・ジェニファー」と「セムテックス・パイオニア」はこの数週間、中国沖に停泊している。

海運データによると、7月24日以降大連沖に停泊していたスター・ジェニファーは今月12日に航行しているが、行き先は今のところ不明。

大豆は米国の農産物としては中国向けで最大の輸出品目。2017年の貿易額は127億ドル。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^