大紀元時報

トルコ政府、サウジ領事館捜索の意向表明 反政府記者不明で

2018年10月10日 12時01分

[アンカラ 9日 ロイター] - サウジアラビアの反政府記者ジャマル・カショギ氏が先週2日にトルコのイスタンブールにあるサウジ領事館を訪問後に行方不明となっている問題で、トルコ政府は9日、同領事館の捜索を行う意向を表明した。

カショギ氏は、イエメンとの紛争を巡る政府批判のために報復を受ける恐れがあるとして、昨年サウジを出国。今月2日に結婚に関する書類を受け取るためにイスタンブールのサウジ領事館を訪れた。トルコの関係筋がカショギ氏は領事館内で殺害されたと述べたことから、同氏の安否について懸念が広まっている。

トルコのエルドアン大統領は8日、カショギ氏が領事館から出たことを明確に示すようサウジ政府に求めた。ポンペオ米国務長官は同日、サウジ政府に対し、この問題の「徹底調査」を支援するよう要請した。

サウジ政府はカショギ氏が同政府によって殺害あるいは拉致されたとの疑惑は根拠がないとして否定。トルコの国営アナドル通信は9日、サウジ政府がトルコの専門家や当局者らにサウジ領事館を訪れるよう求めたと伝えた。

一方、英国のハント外相はツイッターで、駐英サウジ大使に対してカショギ氏の問題について至急状況を説明するよう求めたと明らかにした。

トルコ外務省のハミ・アクソイ報道官は、徹底調査を継続していると表明。外交関係に関するウィーン条約は、外交団のトップの同意があれば、ホスト国の当局が外国政府の領事館を捜索することを可能にしていると述べた。アクソイ氏は文書で「調査の枠内で領事館の建物が捜索される」とした。

サウジ当局は捜索を巡る報道についてコメントしていない。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^