大紀元時報

英議会、離脱協定案否決なら3度目のチャンスない=欧州委員長

2019年03月12日 12時51分

[ストラスブール 11日 ロイター] - 欧州連合(EU)の欧州委員会のユンケル委員長は11日、EU離脱協定案について、英議会可決を可能にするための修正でメイ英首相と合意したが、再び否決された場合、3度目のチャンスはないと明言した。

ユンケル氏はメイ氏との共同記者会見で、今回の合意は、英議会採決を12日に控え、有意義な明確性と法的保証を与えるものだと説明。「3度目のチャンスはない。あす有意義な採決が失敗した場合に解釈の再解釈はない。保証の再保証もない」と強調した。

1月に既に協定案を否決している英議会にとっての選択肢は、協定案を受け入れるか、もしくは、ブレグジットがまったくないリスクを受け入れるかだと説明。

「われわれの合意は、離脱合意とバックストップついて、有意義な明確性と法的保証を与えるものだ」とし、「今回の合意か、もしくは、ブレグジットがまったく行われないか、どちらかの選択であることは明確だ。英国の離脱を秩序立った方法で終了させよう」と語った。

^