大紀元時報

エチオピア当局、4日に予備調査報告書公表 ボーイング機事故

2019年04月04日 11時27分

[3日 ロイター] - エチオピア航空の旅客機ボーイング737MAX8が3月に起こした墜落事故について、エチオピア当局は現地時間4日午前10時半(日本時間午後4時半)に予備調査報告書を公表する。運輸省が3日明らかにした。

事故を巡っては、墜落前に機首を自動的に下げる失速防止装置(MCAS)が何度も作動していたことが関係者らの証言で明らかとなっている。

^