大紀元時報

米ボーイング、修正ソフトでデモ飛行 数週間以内に当局に報告

2019年04月04日 11時21分

[3日 ロイター] - 米航空機大手ボーイング<BA.N>は3日、修正された自動失速防止システムのソフトウエア「MCAS」のデモ飛行を「737MAX7」型機で行ったと発表した。デニース・ミュレンバーグ最高経営責任者(CEO)も参加したという。

「MCAS」は一定の状況において失速を防ぐために自動的に機首を押し下げるシステムで、エチオピア航空と昨年のライオンエアでの墜落事故の原因究明捜査で当局が注目している。2件の事故で墜落したのはボーイングの「737MAX8」型機で、操縦室の機能などは今回デモを行った「737MAX7」型機とほぼ同じ。

ボーイングは、ソフトの修正は計画通りに行ったとし、さらに試験とデモ飛行を実施し、数週間以内に米連邦航空局(FAA)に最新の状況を報告すると説明した。

^