大紀元時報

韓国中銀、回収した紙幣を2週間還流しない方針 ウイルス除去で

2020年03月07日 03時22分
韓国銀行(中央銀行)は6日、市中銀行から回収した紙幣について、今後2週間は再流通させないと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大阻止に向けた措置。写真は2013年2月、韓国銀行で撮影(2020年 ロイター/Kim Hong-Ji/Files)
韓国銀行(中央銀行)は6日、市中銀行から回収した紙幣について、今後2週間は再流通させないと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大阻止に向けた措置。写真は2013年2月、韓国銀行で撮影(2020年 ロイター/Kim Hong-Ji/Files)

[ソウル 6日 ロイター] - 韓国銀行(中央銀行)は6日、市中銀行から回収した紙幣について、今後2週間は再流通させないと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大阻止に向けた措置。汚損した紙幣を焼却処分にする際の基準も厳格化する。

韓国銀行の幹部は「ウイルスは通常9日で死滅するため、韓国銀行は今後2週間、市中銀行から回収したすべての現金について、安全を確保する措置を取る」と述べた。

韓国銀行が紙幣を再流通させる前には、従前から、紙幣を高温で殺菌消毒する措置を取っているという。通常は摂氏150度で2─3秒間加熱し、袋詰めして42度に保つことで、十分な殺菌効果が得られている、としている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^