大紀元時報

豪外相、WHO抜きの中共ウイルス調査の必要性を強調 首相も支持

2020年04月22日 18時04分
豪州のモリソン首相は4月21日、中共肺炎(新型コロナウイルス感染症)をめぐる中国当局の初動対応について独立調査が必要だと発言したマリス・ペイン外相に賛同する姿勢を示した(Getty Images)
豪州のモリソン首相は4月21日、中共肺炎(新型コロナウイルス感染症)をめぐる中国当局の初動対応について独立調査が必要だと発言したマリス・ペイン外相に賛同する姿勢を示した(Getty Images)

オーストラリアのスコット・モリソン首相は4月21日、中共肺炎(新型コロナウイルス感染症)の世界的な感染拡大をめぐり、中国当局の初動対応について独立調査の必要性を説くマリス・ペイン外相の考えを支持すると示した。首相は、国際調査に関して米、独、仏の指導者に協力を求めた。

ペイン外相は19日、公共放送ABCに出演し、中国当局に対して「(情報開示の)透明性を要請している」と明らかにした。また、世界保健機関(WHO)を抜きにした「独立した調査」を行うべきだと述べた。

中国外務省は20日、ペイン外相の発言を「米国のまねをしている」と批判した。米トランプ政権は、中共ウイルスの感染拡大防止策を故意に怠ったと中国当局を批判しており、中国当局寄りの情報を提供するWHOへの拠出金を停止した。米国は世界最大のWHO支援国であり、2019年には4億ドル(約430億円)以上に及ぶ予算の約15%を提供している。

モリソン首相は21日、記者団に対して、ペイン外相の調査の提案を支持するとし「中国側はこの提案を批判すべきではない」と述べた。

首相は「このウイルスは中国の武漢市で発生したことは周知の通りだ」「独立調査は非難目的ではない。(ウイルスの出所は)国際公衆衛生に関わる問題で、透明性のある方法で重要な情報を得るためだ」と話した。

豪の与野党議員もまた、ペイン外相の考えを支持した。ティム・ウィルソン下院議員(自由党)は、WHOについて「中国当局に支配されているようだ。公衆衛生問題よりも政治を最優先にしている」と非難した。ペニー・ウォン上院議員(労働党)は「同盟国や世界各国に対して、独立調査を行う必要性を訴えていくべきだ」と語った。

ロイター通信4月22日付によると、豪政府は同日、モリソン首相がトランプ米大統領、メルケル独首相、マクロン仏大統領と電話会談を行い、中共ウイルスの世界的感染拡大に関する国際調査への協力を求めたと発表した。

(記者・何蔚、翻訳編集・張哲)

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^