大紀元時報

米カリフォルニア州、8日に一部小売業の営業再開の可能性

2020年05月05日 10時12分
米カリフォルニア州のニューサム知事は4日、新型コロナウイルスの感染状況が悪化せず、大規模な検査が継続されれば、早ければ週内に同州の一部小売業の営業再開に踏み切る可能性があると明らかにした。写真はハンティントンビーチで経済再開を求める市民。1日撮影(2020年 ロイター/Kyle Grillot)
米カリフォルニア州のニューサム知事は4日、新型コロナウイルスの感染状況が悪化せず、大規模な検査が継続されれば、早ければ週内に同州の一部小売業の営業再開に踏み切る可能性があると明らかにした。写真はハンティントンビーチで経済再開を求める市民。1日撮影(2020年 ロイター/Kyle Grillot)

[ロサンゼルス 4日 ロイター] - 米カリフォルニア州のニューサム知事は4日、新型コロナウイルスの感染状況が悪化せず、大規模な検査が継続されれば、早ければ週内に同州の一部小売業の営業再開に踏み切る可能性があると明らかにした。

ニューサム知事は、書籍や衣料品などの「低リスク」と見なされる一部小売業の営業をカーブサイドピックアップ(ネットで注文し、店舗駐車場などで商品を受け取る)に限定し、8日から再開を認可する公算が大きいと述べた。

ただ、レストランの店内飲食、オフィスやショッピングモールの閉鎖は継続する。

また、州内の郡政府は、ロックダウン(都市封鎖)措置緩和に関する要件を満たせば、経済再開加速に向けた手続きを申請できるという。

ロイターの集計によると、同州での新型コロナ感染症による死者は累計2215人、感染者は約5万5000人。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^