大紀元時報

レムデシビル、医療機関への公平な供給に向け米医師らが情報要請

2020年05月08日 10時11分
5月7日、米国感染症学会(IDSA)は、新型コロナウイルスの治療薬として使用が認められたギリアド・サイエンシズの「レムデシビル」について、連邦政府が国内の医療機関にどのように供給するかについて、より詳しい情報の提供を求めている。米カリフォルニア州オーシャンサイドのギリアド・サイエンシズで4月撮影(2020年 ロイター/Mike Blake)
5月7日、米国感染症学会(IDSA)は、新型コロナウイルスの治療薬として使用が認められたギリアド・サイエンシズの「レムデシビル」について、連邦政府が国内の医療機関にどのように供給するかについて、より詳しい情報の提供を求めている。米カリフォルニア州オーシャンサイドのギリアド・サイエンシズで4月撮影(2020年 ロイター/Mike Blake)

[7日 ロイター] - 米国感染症学会(IDSA)は、新型コロナウイルスの治療薬として使用が認められたギリアド・サイエンシズ<GILD.O>の「レムデシビル」について、連邦政府が国内の医療機関にどのように供給するかについて、より詳しい情報の提供を求めている。

米食品医薬品局(FDA)は1日、「レムデシビル」の緊急使用を認可した。

連邦政府は今週、医療機関へのレムデシビル供給を開始した。一方、ISDAのトップ、トーマス・ファイル氏は7日、ロイターの取材に対して、ニューヨークやボストンなど感染状況が深刻な地域の医療機関を中心にレムデシビルを要請したが受け入れられなかったケースがあったとし、医師の間で懸念が高まっていると説明した。

IDSAは6日、新型コロナウイルスの感染率や入院率を踏まえ、レムデシビルを各州・病院にどのように平等に分配するかトランプ政権に説明を求めた。

IDSAはまた、感染率が比較的高いとされるアフリカ系やヒスパニック系の人々などが住む地域の医療機関にもレムデシビルが公平に供給されるべきだと強調している。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^