大紀元時報

ソウルのクラブで新型コロナのクラスター発生、当局が調査

2020年05月08日 20時42分
韓国疾病予防管理局(KCDC)は8日、ソウルで外国人にも人気の観光スポット、梨泰院(イテウォン)のクラブに関連した感染者を少なくとも15人確認したと発表した。写真は、ソウルのクラブに貼られた新型コロナ感染予防の注意喚起。5月8日撮影(2020年 聯合ニュース)
韓国疾病予防管理局(KCDC)は8日、ソウルで外国人にも人気の観光スポット、梨泰院(イテウォン)のクラブに関連した感染者を少なくとも15人確認したと発表した。写真は、ソウルのクラブに貼られた新型コロナ感染予防の注意喚起。5月8日撮影(2020年 聯合ニュース)

[ソウル 8日 ロイター] - 新型コロナウイルス規制を緩和したばかりの韓国の首都ソウルで、新たなクラスター(感染者の集団)が発生した兆候が出て衛生当局が調査している。感染者数は比較的少ないものの今後増加することが予想され、当局は感染した可能性のある人の特定などを急いでいる。

韓国疾病予防管理局(KCDC)は8日、ソウルで外国人にも人気の観光スポット、梨泰院(イテウォン)のクラブに関連した感染者を少なくとも15人確認したと発表した。

韓国は、新規感染者数の減少を受けて6日から社会的距離を確保する規則をさらに緩和していた。

KCDCの鄭銀敬局長は感染場所とされるクラブについて「最も懸念する危険な条件がそろっている。そのような施設の管理を強化する必要がある。そういう場所に行くことをできるだけ控えてほしい」と述べた。

ソウル市の当局者によると、問題のクラブを訪れた約1500人を特定。感染者が在住ないし訪れた他の場所では、すでに感染者が確認されているという。

当局は、週末にクラブに行った人に14日間、自主隔離し検査を受けるよう要請した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^