大紀元時報

トランプ氏、通信網供給巡る大統領令を1年延長 華為など狙い撃ち

2020年05月14日 09時06分
トランプ米大統領は13日、2019年5月に署名した国家安全保障上にリスクをもたらす企業の通信機器を国内企業が使用することを禁止する大統領令の期間を1年延長すると発表した。パリで昨年5月撮影(2020年 ロイター/Charles Platiau)
トランプ米大統領は13日、2019年5月に署名した国家安全保障上にリスクをもたらす企業の通信機器を国内企業が使用することを禁止する大統領令の期間を1年延長すると発表した。パリで昨年5月撮影(2020年 ロイター/Charles Platiau)

[ワシントン 13日 ロイター] - トランプ米大統領は13日、2019年5月に署名した国家安全保障上にリスクをもたらす企業の通信機器を国内企業が使用することを禁止する大統領令の期間を1年延長すると発表した。

大統領令を受け、商務省は昨年、米政府の許可なく米企業から部品などを購入することを禁止する「エンティティーリスト」に中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]と関連70社を追加した。

また関係筋によると商務省は、5月15日に期限切れとなる例外措置を延長する方針。この措置は保守などに関わる一部取引のみを限定的に認めたもので、たびたび延長され、前回は4月1日に期限を迎える予定だった。

無線通信業界団体のCTIAは商務省に対し「現状はネットワーク保全機能を阻害している場合ではない」とし、「長期間」にわたる措置延長を求めた。

商務省と華為技術はコメントを拒否した。

*内容を追加しました

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^