大紀元時報

米上院議員の携帯電話を当局が押収、コロナ前の株取引で=米紙

2020年05月14日 18時21分
米ロサンゼルス・タイムズ紙は13日、新型コロナウイルスの流行について説明を受けた共和党のリチャード・バー上院議員(写真)が株式市場が急落する前に大量の保有株を売却し、インサイダー取引だと指摘されている疑惑を巡り、連邦捜査当局が同議員の携帯電話を押収したと報じた。ワシントンで12日代表撮影(2020年 ロイター)
米ロサンゼルス・タイムズ紙は13日、新型コロナウイルスの流行について説明を受けた共和党のリチャード・バー上院議員(写真)が株式市場が急落する前に大量の保有株を売却し、インサイダー取引だと指摘されている疑惑を巡り、連邦捜査当局が同議員の携帯電話を押収したと報じた。ワシントンで12日代表撮影(2020年 ロイター)

[14日 ロイター] - 米ロサンゼルス・タイムズ紙は13日、新型コロナウイルスの流行について説明を受けた共和党のリチャード・バー上院議員が株式市場が急落する前に大量の保有株を売却し、インサイダー取引だと指摘されている疑惑を巡り、連邦捜査当局が同議員の携帯電話を押収したと報じた。

上院情報特別委員会委員長として各情報機関から新型コロナについて情報提供を受ける立場にあるバー議員は今年2月13日、最大170万ドル相当の株式を売却した。

バー議員も含め複数の上院議員のインサイダー取引疑惑が報じられたものの、バー議員は株式売却は一般的な報道に基づいて判断したと説明し、疑惑を否定している。

同紙が匿名の法執行機関当局者の話として伝えたところによると、バー議員はワシントンの自宅で、捜索令状を提示した捜査員に携帯電話を渡した。

これとは別の当局者は同紙に対し、連邦捜査局(FBI)が最近、捜索令状を使ってアップル<AAPL.O>のストレージサービス「iCloud(アイクラウド)」のバー議員のアカウントから情報を得たと語った。

捜査員らがアップルから得た情報は、バー議員の携帯電話を押収するための令状を取得する際に、証拠の一部として使われたという。

司法省、FBI、アップルはこれまでのところ、コメントの求めに応じていない。

CNNは3月、新型コロナの影響で株価が暴落する前のバー議員の保有株売却について司法省が捜査を開始したと報じた。捜査は証券取引委員会(SEC)と協力して行っているという。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^