大紀元時報

米のワクチン国外供給、大部分はCOVAX通じて実施=政府高官

2021年5月19日 23時46分
5月19日、米政府高官は新型コロナウイルスワクチン国外供給計画について、かなりの量が世界保健機関(WHO)主導のワクチンの公平な分配を目指す国際的な枠組み「COVAX」を通じて実施する見通しと明らかにした。写真は2020年3月、ワシントンの国会議事堂(2021年 ロイター/Tom Brenner)
5月19日、米政府高官は新型コロナウイルスワクチン国外供給計画について、かなりの量が世界保健機関(WHO)主導のワクチンの公平な分配を目指す国際的な枠組み「COVAX」を通じて実施する見通しと明らかにした。写真は2020年3月、ワシントンの国会議事堂(2021年 ロイター/Tom Brenner)

[ブリュッセル 19日 ロイター] - 米政府高官は19日、新型コロナウイルスワクチン国外供給計画について、かなりの量が世界保健機関(WHO)主導のワクチンの公平な分配を目指す国際的な枠組み「COVAX」を通じて実施する見通しと明らかにした。

ただ、どの国に分配するかなどの詳細はまだ決定していないとした。

バイデン米大統領は17日、米国で緊急使用を承認しているファイザー・ビオンテック、モデルナ、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)各社の新型コロナワクチン少なくとも2000万回分を6月末までに国外に供給すると発表。これに加え、米政府はアストラゼネカ製ワクチン6000万回分の供給も計画している

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^