カナダのトルドー首相は9月24日夜に会見を開き、中国で1000日以上拘束されていたカナダ人2人が出国したことを明らかにした。25日早朝にカナダへ到着する見込み。写真は、2人の釈放を求める人々。バンクーバーで2019年3月撮影(2021年 ロイター/Lindsey Wasson)

カナダ人2人が中国を出国、ファーウェイCFOの拘束直後に逮捕

[オタワ 24日 ロイター] - カナダのトルドー首相は24日夜に会見を開き、中国で1000日以上拘束されていたカナダ人2人が出国したことを明らかにした。25日早朝にカナダへ到着する見込み。

カナダの企業家マイケル・スパバ氏と元外交官のマイケル・コブリグ氏は2018年12月に中国で逮捕された。米国の要請を受けたカナダ当局が、中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・最高財務責任者(CFO)を逮捕した直後だった。

カナダのメディアによると、2人の出国が発表される直前に孟氏も中国へ向かった。

孟氏を起訴していた米検察当局は24日、同氏と訴追延期合意(DPA)を結び、刑事訴訟を終わらせると発表。孟氏はカナダからの出国が可能となっていた。

トルドー首相は「2人は信じられないほど難しい状況にいた。彼らが家族のもとへ向かっているのは感動的であり、素晴らしいニュースだ」と語った。

中国政府は、孟氏が拘束されたこととカナダ人2人を逮捕したことは無関係と主張。一方でトルドー政権は、人質外交だと中国政府を非難していた。