岸信夫防衛相は19日、北朝鮮がミサイルを発射したことについて、関連する国連安保理決議違反であり、極めて遺憾だとした上で、わが国と地域の平和と安全を脅かすものであり強く非難すると語った。写真は1月、北朝鮮の軍事パレード。KCNA提供(2021年 ロイター)

北朝鮮のミサイル発射は極めて遺憾、強く非難する=岸防衛相

[東京 19日 ロイター] - 岸信夫防衛相は19日、北朝鮮がミサイルを発射したことについて、関連する国連安保理決議違反であり、極めて遺憾だとした上で、わが国と地域の平和と安全を脅かすものであり強く非難すると語った。

また、北朝鮮による頻繁なミサイル発射の目的はミサイル技術向上にあることは明らかだと指摘、国際社会全体にとっての深刻な課題だとの認識を示した。

今回のミサイル発射による被害の報告は現時点で確認されていないという。落下地点については現在分析中だと述べた。