11月23日、グランホルム米エネルギー長官はホワイトハウスでの記者会見で、戦略石油備蓄(SPR)の放出により、今後数週間以内で米国内のガソリン価格上昇が緩和されると述べた。写真は同日、ホワイトハウスで記者会見するグランホルム長官(2021年 ロイター/Evelyn Hockstein)

米ガソリン価格上昇、数週間以内に緩和へ=エネルギー長官

[ワシントン 23日 ロイター] - グランホルム米エネルギー長官はホワイトハウスでの記者会見で23日、戦略石油備蓄(SPR)の放出により、今後数週間以内で米国内のガソリン価格上昇が緩和されると述べた。

ただ、ガソリン価格の下落幅や下落期間については言及しなかった。

また、「莫大な利益」を積み上げる米エネルギー企業に対し、石油供給を増やすよう要請した。